旅行・出張

【後向き座席】ANA新ビジネスクラス「THE Room」

ANAビジネスクラスのザルーム

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービスに関する情報などを、「旅行・出張」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、2019年からANA国際線に導入された最新仕様のビジネスクラス「THE Room」について、実際に乗ったときの様子をリポートしていきたいと思います。

KEN
KEN
新しいビジネスクラスの世界を、お楽しみください。

国際線の座席クラスについて

そもそも、ビジネスクラスってどういう座席なの?

このような方もいるかと思うので、はじめに国際線の座席クラスについてご紹介したいと思います。

KEN
KEN
そんなの知ってるよ!という方は、読み飛ばしちゃってください。

日本の2大エアラインであるANAとJALには、以下4種類の座席クラスがあります。

①エコノミークラス

②プレミアムエコノミークラス

③ビジネスクラス

④ファーストクラス

一般的に多くの人が想像する飛行機の座席は、上記のうち「エコノミークラス」が該当します。

国際線では、エコノミークラスであっても映画や音楽などのコンテンツを楽しめるように、小さいながらもモニターが各席に設置されています。

そして、エコノミークラスの座席をやや快適にし、シートピッチなどを若干広くしたものが「プレミアムエコノミークラス(通称:プレエコ)」と呼ばれる座席になります。

さらにその上になると、「ビジネスクラス」「ファーストクラス」といったより高級かつ快適なサービスを受けることができる座席が用意されています。

KEN
KEN
主要路線のビジネスクラスでは、フルフラットで横になることができます!

新ビジネスクラス「THE Room」に搭乗!

2019年、ANAは国際線仕様の「ボーイング777-300ER」の「ビジネスクラス」と「ファーストクラス」のリニューアルを発表しました。

具体的には、ドアつきの個室空間型のビジネスクラス「THE Room」と、ファーストクラス「THE Suite」という座席を提供するというものです。

「THE Room」「THE Suite」の搭載機は、2020年2月現在下記の路線で運航しています。

・東京-ロンドン
・東京-ニューヨーク
・東京-フランクフルト

それでは早速、「THE Room」の中を見ていきましょう!

今回私は、「東京(HND)-ニューヨーク(JFK)」線に搭乗しました。

こちらが、座席の様子です。

ANAビジネスクラスの座席
わあ、すごい!漫画喫茶みたいな空間だね。

従来のビジネスクラスは「スタッガード」という座席で、フルフラットでくつろぐことはできましたが、座席横に仕切りなどはなく、完全にプライベートな空間というわけではありませんでした。

しかし、「THE Room」では座席横にドアによる仕切りが追加されたため、通路を挟んで反対側にいる人のことが全く気にならないのが特徴です。

また、座席に設置されているモニターのサイズも大きくなっており、快適な家でくつろいでいるような感覚になりました。

ANAビジネスクラスのモニター

機内の内装に関しては建築家・隈研吾が監修しているため、化粧室も含めてすべて彼の趣向が反映された内装になっていました。

KEN
KEN
新しくなった新千歳や伊丹のラウンジと、とても雰囲気が似ています。

ここまで隈研吾のデザインに統一されると、空港や機材ごとの個性がなくなるので個人的には面白みに欠けますが、おそらくANAから彼に多額のお金が積まれているのでしょう。

そのほか、ギャレーにも大きなモニターが設置されていました。

ANAビジネスクラスのギャレー

豪華な機内食

東京-ニューヨーク線の機内では、フライト中に2回、機内食の時間があります。

私は、2回の機内食では和洋様々なメニューをいただきました。

洋食

【前菜】スモークサーモンのリエットとカプレーゼ 生ハム添え

ANAビジネスクラスの前菜

【メインディッシュ】USプライム牛フィレ肉のステーキ ポルチーニとパンチェッタのソース

ANAビジネスクラスのステーキ

【デザート】プルミエショコラ

ANAビジネスクラスのデザート

和食

鰆西京焼き・青梗菜と干し海老のお浸し

ANAビジネスクラスの和食

軽食

そのほか、空き時間には以下のような軽食もいただきました。

築地銀だこ たこ焼き

ANAビジネスクラスの銀だこ

一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」

ANAビジネスクラスの一風堂
KEN
KEN
復路の機内食では、マンハッタンで巨大ロブスターを食べた直後だったため、突然のフードファイターKENになり、お腹が苦しかったです(笑)
ニューヨークの観光スポット
【絶景や巨大ロブスター】ニューヨークおすすめ観光スポットこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービス...

アメニティ

ビジネスクラスでは、空の上の時間を快適に過ごせるように以下のアメニティキットが用意されています。

ANAビジネスクラスのグローブトロッター ANAビジネスクラスのアメニティ
アメニティキットの中身

①ANAオリジナル「グローブトロッター」ポーチ

②KOSE 雪肌精MYV
・雪肌精MYV トリートメント ウォッシュ(洗顔料)10ml
・雪肌精MYV コンセントレート ローション(化粧水)13ml
・雪肌精MYV コンセントレート クリーム 6g

③歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグ

私はアメニティキットに入っていた雪肌精の洗顔料や化粧水を使用してみましたが、とても品質がよく機内での乾燥対策にもなると感じました。

私がもらえたのは青いスーツケース型のポーチでしたが、どんな色・形状のポーチがもらえるかはランダムとなっています。

あらかじめ指定することはできないので、注意してください。

KEN
KEN
女性へのプレゼントにはもちろん、男性でも肌ケアに活用いただけます!

後向きで離発着!?

「THE Room」の特徴として、国内航空会社では初となる「後向き座席」が用意されています。

KEN
KEN
進行方向に向かって後向きになるため、離発着のときに通常と逆方向に力がかかる感じです。

そのため、シートベルトは腰だけでなく写真のように肩からショルダーベルトも装着します。

ANAビジネスクラスのショルダーベルト
なんだか、自動車みたいだね(笑)
実際、どっち向きのほうが良かった?

人にもよるのかもしれませんが、個人的な意見としては、断然前向き座席派です。

後向き座席は、個人的に離発着ともに違和感があり、少々気分も悪くなってしまったため、もう二度と乗りたくないというのが本音です。

隣の座席に同席していた友人も、離陸時は問題なかったが、着陸時は違和感があったと言っていました。

しかし、空の上を安定飛行中のあいだは問題なく快適に過ごすことができたため、離発着時の衝撃が特に気にならないという方にとっては、後向き座席であっても快適なフライト時間を満喫することができるかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、2019年からANA国際線に導入された最新仕様のビジネスクラス「THE Room」について、実際に乗ったときの様子をリポートしてきました。

すごく快適そう!私も乗ってみたい…。

本記事を読んで、「THE Room」の魅力が伝わり、このような印象を抱く方が少しでもいらっしゃれば幸いです。

「THE Room」に乗って到着したニューヨークは、晴天に恵まれていたため、美しいマンハッタンの街並みを思いっきり味わうことができました。

世界経済の中心地であるニューヨークでは、デフレで貧乏くさい現在の日本経済とは真逆の「街のエネルギーや人々の活気」を肌で感じることができます。

ぜひあなたも、「THE Room」の扉を開いて、ニューヨークを訪れてみてください。

扉の向こうにある世界は、きっとあなたの人生をより豊かなものへと導いてくれるはずです。

私はこの先、「脱サラ」というより難易度の高い自由な世界を目指して、さらなる刺激を追い求めながら変化の激しい人生を送っていきたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です