旅行・出張

【CAの連絡先も】20代学生でANAダイヤモンドを達成!

学生ANAダイヤモンド会員

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービスに関する情報などを、「旅行・出張」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、私(KEN)が大学院に在籍していた2018年に、20代学生という身分でありながら「ANAダイヤモンド」を達成した経緯について、実体験をもとにご紹介します。

ANAダイヤモンドとは?

はじめに、「ANAダイヤモンド」について簡単にご紹介します。

全日本空輸(ANA)の会員ステータスの一1つ

ダイヤモンドは最上級のステータスに該当

手荷物はファーストタグで最優先に扱われる

スイートラウンジやダイヤモンドデスクを利用できる

このようなサービスを利用するために、ひたすら飛行機に乗りまくることを通称「ダイヤモンド修行」と呼んだりもします。

ANAダイヤモンド
【上級会員】ANAダイヤモンドのメリットについて考えるこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービス...

ANAダイヤモンド会員の人数

それでは、ANAの最上級ステータスである「ダイヤモンド会員」は、具体的にどれくらいの人数がいるのでしょうか。

コロナウイルスが流行する前の情報になりますが、2019年12月に発行されたANAの広告媒体「ANA MEDIA KIT」をもとに考察してみましょう。

この資料によると、当時上級会員向けに発行されていたANAの会員誌「ana-logue」の発行部数は39.5万部でした。

当時は3,300万人ほどのマイレージ会員がいたため、全会員のうちおよそ1%が上級会員となります。

上級会員の年齢別分布は下図のようになっており、20代はほとんどいないのが特徴です。

ANA上級会員の年齢分布

上級会員の大半は50代前後となっており、大学教授や企業の役員などがステータス保持者であると考えられます。

そんな上級会員のうち、ダイヤモンドやプラチナなどの属性別の分布は以下の通りです。

ダイヤモンド:10%

プラチナ:25%

スーパーフライヤーズ:65%

このように、上級会員のうち約1割(3~4万人)が、最上級のダイヤモンド会員になります。

これらの情報から推測できる上級会員の年代別人数は、以下のようになります。

ANA上級会員の年齢別人口

20代のANAダイヤモンド会員は、400人程度しかいない結果となりました。

KEN
KEN
このうち、20代学生のダイヤモンド会員は数えるほどになりそうですね。

コロナ禍では、プレミアムポイントの2倍措置がされたので、全体的にダイヤモンド会員は増えていると推測されます。

20代学生でANAダイヤモンドを達成したカラクリ

コロナ前の厳しい基準であるにも関わらず、私(KEN)は大学院生だった2018年に、24歳でANAダイヤモンド会員になることができました。

そのカラクリは、「就職活動」です。

当時の私は札幌在住で、東京や大阪などの企業説明会やインターンシップへ行くために、飛行機を頻繫に利用していました。

航空会社はたくさんありますが、私は2017年にSFC修行を実施して「ANAラウンジ」を利用できたことから、就職活動でもANAのみを利用していました。

2017年のSFC修行
【人生変わりました!】学生時代のSFC修行を振り返るこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービス...

その結果、5月にプラチナ会員に到達し、残りの期間でダイヤモンド会員を目指す決意をしました。

ダイヤモンド会員になるために、以下のようなことを行いました。

内定後も就職活動を継続し、飛行機を利用する

沖縄やシンガポールなどへ行き、ポイントを稼ぐ

ポイントサイトなどでマイルを貯める

20代でANAダイヤモンド会員になったことで、以下のような体験をすることができました。

コロナ前のスイートラウンジや海外旅行を満喫

大学院修了の記念旅行で、東京―NYをビジネスクラスで往復

国際線の新しいビジネスクラス「THE Room」に搭乗

国際線プレミアムエコノミーに無料アップグレード

同年代の客室乗務員と連絡先を交換

KEN
KEN
量産型大学生では味わえない、貴重な経験を積むことができました。
20代で上級会員
【JGC・SFC】20代で上級会員になって感じたメリットこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービス...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、私(KEN)が大学院に在籍していた2018年に、20代学生という身分でありながら「ANAダイヤモンド」を達成した経緯について、実体験をもとにご紹介しました。

コロナウイルスが流行している今となっては、20代の若いうちにANAダイヤモンド会員になり、貴重な経験をできたように思います。

しかし、2020年以降はラウンジなどサービス品質の低下や改悪を感じることが多くなりました。

ワクチンや特効薬の開発が進み、以前のように自由に国内外を往来できる日がくることを願っています。

KEN
KEN
またいつの日か、マスクをしていない客室乗務員を拝みたいですね!