受験・+More

【どっちを選ぶ?】早慶上理・学部別W合格入学率一覧

早慶上理の入学率

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、大学入試において首都圏トップクラスの難関私大「早慶上理」にW合格したときに、どちらの大学・学部に入学するのかを、雑誌の情報をもとにご紹介します。

対象大学および参考資料

本記事でご紹介する大学は、以下の4大学です。

①早稲田大学

②慶應義塾大学

③上智大学

④東京理科大学

また、本記事でご紹介する合格者数については、「週刊ダイヤモンド 2021年7月10日号」の情報を参考としています。

本記事では、異なる大学間のW合格時入学率をご紹介していますが、雑誌内では同じ大学の異なる学部間でのW合格時入学率も紹介されています。

KEN
KEN
より詳しい情報を知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

早慶上理・学部別W合格入学率

それでは、早慶上理の学部別・W合格入学率をご紹介していきます。

早稲田大学(文・文化構想・法)

早稲田大学の入学率

早稲田大学の文系3学部(文・文化構想・法)では、以下のような傾向がわかります。

【文学部】
・慶應と比べるとやや劣勢
・上智よりは早稲田が選ばれる

【文化構想】
・慶應文よりは優勢だが、法になると形勢逆転
・上智にはほぼ優勢だが、外国語学部には蹴られ気味

【法学部】
・経済や法など慶應の看板学部には劣勢
・慶應商よりは早稲田法を選ぶ傾向が強い
・早稲田法にとって上智は蚊帳の外

早稲田大学(政治経済・商)

早稲田大学の入学率

次に、早稲田大学の看板学部(政治経済)や商学部では、以下のような傾向がわかります。

【政治経済学部】
・看板ゆえに、慶應にも優勢
・しかし、慶應理工には劣勢
・上智や東京理科は問題外

【商学部】
・慶應経済と法には惨敗だが、商学部同士はいい勝負
・ここでも、上智よりは早稲田を選ぶ

KEN
KEN
政治経済は看板学部ですが、私立文系なので理系には選ばれないんですね。

早稲田大学(社会科学・教育・人間科学・国際教養)

早稲田大学の入学率

キャンパスが所沢など、早稲田大学の中ではややマイナーな学部(社会科学・教育・人間科学・国際教養)の特徴は、以下の通りです。

【社会科学部】
・慶應文系学部には惨敗
・上智よりは早稲田の社会科学部が人気

【教育学部】
・文・経済・法では慶應が優勢
・慶應商よりは早稲田教育が選ばれる
・東京理科よりは早稲田の看板が人気

【人間科学部】
・東京理科よりは所沢の人間科学を選ぶ

【国際教養学部】
・上智はあくまですべり止めか

早稲田大学(基幹理工・創造理工・先進理工)

早稲田大学の入学率

「大久保工科大学」と揶揄される、早稲田大学の理系学部(基幹理工・創造理工・先進理工)の傾向は、以下の通りです。

【基幹理工学部】
・慶應理工には劣勢
・東京理科には圧勝

【創造理工学部】
・東京理科には圧勝
・慶應理工にも優勢

【先進理工学部】
・慶應理工とは五分五分
・東京理科には圧勝

KEN
KEN
私立大学の理系学部は、年間150万円前後(国立大学は年間53万円)の学費がかかります。

慶應義塾大学(文・法)

慶応義塾大学の入学率

慶應義塾大学の文系学部(文・法)の傾向は、以下の通りです。

【文学部】
・上智には圧勝
・早稲田は学部による

【法学部】
・上智には圧勝
・早稲田は政経のみいい勝負

慶應義塾大学(総合政策・経済・商)

慶応義塾大学の入学率

慶應義塾大学の看板である経済や総合政策・商の傾向は、以下の通りです。

【総合政策学部】
・早稲田政経に惨敗

【経済学部】
・早稲田政経・法のみ五分五分でいい勝負
・そのほかは慶應経済の圧勝

【商学部】
・上智や東京理科には圧勝
・早稲田の看板学部(政経・法)には惨敗
・早稲田でもマイナーな学部よりは慶應が優勢

SFCは「湘南藤沢キャンパス」の略称で、総合政策学部と環境情報学部があります。

なお、過去に開成高校→慶應経済の知人が「SFCは慶應じゃない。」と仰っていました。

KEN
KEN
マイラーの私からすると、ANAのスーパーフライヤーズカードと非常に紛らわしいです(笑)

慶應義塾大学(理工・薬)

慶応義塾大学の入学率

慶應義塾大学の理系学部(理工・薬)の特徴は、以下の通りです。

【理工学部】
・上智や東京理科には圧勝
・早稲田政経にもかなり優勢
・大久保工科大学は五分五分

【薬】
・東京理科の薬理系に圧勝

KEN
KEN
昔、慶應SFCのキラキラなお姉さんが、理工は雰囲気が違うと話していました。

上智大学(文・外国語・法)

上智大学の入学率

上智大学の文系学部(文・外国語・法)では、以下のような傾向があります。

【文学部】
・早慶に完敗

【外国語学部】
・慶應に完敗
・早稲田の文化構想にはやや優勢
・早稲田のマイナー学部には劣勢

【法学部】
・看板学部に限らず早慶に完敗

上智大学(経済・総合グローバル・総合人間科学・理工)

上智大学の入学率

続いて、上智大学の4学部(経済・総合グローバル・総合人間科学・理工)の傾向を見てみましょう。

【経済学部】
・東京理科には圧勝だが、早慶は完敗

【総合グローバル学部】
・早慶に完敗

【総合人間科学部】
・早稲田に完敗

【理工学部】
・東京理科には五分五分~優勢くらい
・早慶には完敗

このことから、以下のことがわかります。

学部で学ぶ内容より、文理問わず早慶ブランドが重要

受験生にとって、難関私大は就職予備校の意味合いが強い

KEN
KEN
日本の大学は、入ってから勉強しませんからね。

東京理科大学(経営・理・理工・工・薬・先進工)

東京理科大学の入学率

最後に、東京理科大学の学部別の傾向をご紹介します。

【経営学部】
・早慶上智に完敗

【理学部】
・慶應に完敗
・早稲田の文系学部にすら劣勢

【理工学部】
・早慶はマイナー学部にすら完敗
・上智にも劣勢

【工学部】
・早慶に完敗
・上智と五分五分

【薬学部】
・慶應に完敗

【先進工学部】
・上智はいい勝負
・早慶には完敗

早慶上理の序列

最後に、上記のデータから早慶上理4大学の「序列」について、考察します。

下記の序列は、4大学間での順位を主観的に評価しているため、参考程度にご覧ください。

文系

はじめに、データから考えられる「文系学部の序列」についてご紹介します。

【トップ層】
・慶應(経済・法など)
・早稲田(政経)

【上位層】
・早稲田大学(法)
・慶應義塾大学(商)

【中堅層】
・早稲田大学(文構・社学など)
・慶應義塾大学(文・SFCなど)
・上智大学(外国語)

【下位層】
・上智大学(文・法など)
・東京理科大学(経営)

理系

次に、データから考えられる「理系学部の序列」についてご紹介します。

【トップ層】
・慶應義塾大学(医)

【上位層】
・慶應義塾大学(理工)
・早稲田大学(各理工)

【中堅層】
・慶應義塾大学(薬)
・上智大学(理工)
・東京理科大学(工)

【下位層】
・東京理科大学(理工など)

慶應義塾大学の薬学部は、理工学部に比べて科目や出題範囲が軽量なため、ランクを下げた評価としました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、首都圏トップクラスの難関私大「早慶上理」にW合格したとき、どちらの大学・学部に入学するのかを、雑誌の情報をもとにご紹介してきました。

その結果、「学問分野よりも大学名で選ぶ傾向」が明らかとなり、「ブランド力が序列に影響している」ことがわかりました。

上記4大学より下には、MARCH・関関同立など数多くの私立大学が存在します。

しかし、上を見ればキリがありません。

大学進学で大事なことは「周囲の評判や偏差値を気にして大学を選ぶ」のではなく、「自分にとって満足・納得できるレベルの大学を目指す」という視点ではないでしょうか。

KEN
KEN
ぜひ、納得できる進路選択をしてください!