就活・仕事

【おすすめ退職代行】SARABAを使って大企業を辞めた話

退職代行SARABA

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに有益な情報を提供すべく、「就活・仕事」というカテゴリーで様々な記事をご紹介しています。

ここで質問ですが、あなたは会社を退職したいと考えたときに、以下のようなことで困りそうと思ったことはありませんか?

・上司が引き止めてきて、なかなか辞められない。

・辞めるって決めたあとに、会社に行くのは腰が重い。

職場や周囲の人にもよりますが、なにかしら面倒なことはつきものですよね。

そんな時に便利なのが、退職代行サービスというものです。

本記事では、「SARABA」という退職代行サービスを使用して大企業を退職した、友人の経験談をご紹介していきたいと思います。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスってなに?
退職代行サービスとは

退職手続きの全てを代行してくれるというわけではなく、あくまで退職の意思を自身に代わって会社に伝え、円滑に退職手続きを進められるように支援してくれるサービスである。

KEN
KEN
会社をやめたくてもやめられないというニーズに答えるためのものですね。

退職代行サービスは、ここ数年で一気に認知度が広がってきており、様々な業者が存在しています。

そんな数ある退職代行サービスのうち、友人は「SARABA」を使用し、大企業を退職しました。

退職代行サービスの利用に踏み切った理由

その友人は、なんでわざわざ退職代行サービスを利用しようと思ったの?

友人も当初は、職場の人に退職の意思を伝えればすんなり了承され辞めることができると考えていたそうです。

しかし、次のキャリアの道筋も見えて会社を辞めたいという旨を上司に話したところ、以下のようなことを言われたそうです。

あなたがすぐに辞めることで、職場の人たちのモチベーションが下がるかもしれない。

まだこの会社で面白い仕事に出会えていないだけだから、もう少し我慢してみないか?

友人は村社会を象徴するような古い日本大企業に在籍していたため、このような精神論や同調圧力に基づいた典型的日本人思考による説得を1~2時間ほどされた挙句、準備していた退職願も受け取ってもらえなかったそうです。

しかも、大企業の社内は規則やルールによるしがらみだらけのため、退職するためには会社内の規則に基づいて勤務箇所長・課長・部長など多くの段階で承認のハンコが必要になります。

そのため、事務手続きや人事権の所在などが部門ごとに細分化されているため、退職できるにしてもとても時間がかかるという状況でした。

そこで友人は以下のように考え、退職代行サービス「SARABA」を使う決断をしたそうです。

自分の人生の決断で他人のモチベーションが下がろうと、それは関係のないことだ。

次へ進むためにも、これ以上時間を無駄にしている暇はない。

SARABAの使い方

SARABAは、実際どうやって使うの?

SARABAの具体的な使い方は、以下の通りです。

①LINEで公式アカウントを友達追加する。

②チャット形式で、退職手続きに関するやりとりを行う。

③退職したい旨を伝え、クレジットカードor振込にて料金(税込27,000円)を支払う。

④退職願や加入届など、必要書類を揃えて郵送する。

KEN
KEN
LINEでのメッセージにすべての手順が記載されているので、今ここで手順を覚えなくても大丈夫です。

友人はクレジットカードで支払いをしたそうですが、振込の場合でも領収書など振込証明の書類を写真に撮り送信することで、即時対応してもらうことができます。

すべての手順を終えた翌日には、本社人事部に退職の意思を伝えたとの連絡があり、その後は会社内での退職手続きがとんとん拍子で進んでいったそうです。

そして、無事に希望する日付に間に合い、退職手続きを済ませることができたそうです。

KEN
KEN
退職代行サービスの意思決定におけるスピード感は、大企業の意思決定の何百倍も速かったみたいです。
ほかの退職代行サービスと比べてメリットがあるの?

SARABAのメリットは、ユニオン(労働組合)組織であることです。

これにより、団体交渉権という権利が発生するため、会社などと退職の交渉をすることが可能になります。

また、SARABA24時間対応のため、いつ連絡しても迅速に対応してもらうことができます。

怪しい感じはしなかった?

退職代行サービスもいろいろな業者がいるので、こればかりは会社によるかと思います。

ただし、友人は無事に退職することができたそうなので、SARABAに関しては心配なくご利用いただけるかと思います。

退職代行サービスを使うメリットと注意点

最後に、退職代行サービスを使うメリット注意点についてまとめたいと思います。

【メリット】
・上司による引き止めなどで無駄な時間を浪費しないで済む。
・自分では連絡できないような大きな組織でも、本社人事部などへ迅速かつ直接連絡してもらえる。

【注意点】
退職代行サービスが定める様式の退職願を提出後、結局会社様式の退職願や各種事務手続きに必要な書類を自身で別途提出しなければならなかった。(※大企業というルールや規則の多い巨大な組織に所属していた友人の場合です。)

KEN
KEN
時間と労力をお金で買う。まさに「タイムイズマネー」ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、「SARABA」という退職代行サービスを使用して大企業を退職した、友人の経験談をご紹介してきました。

本来、労働者は会社を自由に辞めることができる権利を持っているはずです。

そのため、私も友人に話を聞くまでは「退職代行サービス」が世の中で流行ることに疑問を感じていました。

しかし、取材を進めていくと、終身雇用が当たり前で転職への理解が少ない日本社会の独特な価値観の企業では、辞めたくても理解してもらえないから退職代行サービスを使わざるをえない事例があることを知りました。

退職代行サービスの是非については、賛否両論があるかと思います。

しかし、職業選択の自由は労働者の権利であるため、就職・転職などは個人の意思で決めるものです。

むしろ、引き止められていつまでも辞めることができないと、気がついたら時間だけがあっという間に過ぎていきます。

KEN
KEN
まさに、NHKのチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねえよ!」という言葉がぴったりですね。

ショウジさんが運営するブログ「退職代行比較&おすすめランキング」では、本記事でもご紹介した退職代行SARABAに関する記事はもちろん、退職代行EXITなど他の退職代行サービスに関する記事が豊富に書かれています。

「いろいろな退職代行サービスを比較したい!」という方には非常に参考になるブログかと思いますので、ぜひお立ち寄りください。

KEN
KEN
本記事を最後まで読んでくださったあなたが、時間を無駄にすることなく、納得のいく人生を歩んでいかれることを願っています!