受験・+More

【すっきり?】価値観が合わなくなった友人たちと絶縁した話

人間関係断捨離

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事の内容は、「人間関係の断捨離」についてです。

具体的には、私が時間とともに価値観や話題の合わなくなった友人たちと絶縁した話をご紹介します。

絶縁した友人たちはどんな人?

はじめに、私がこれまでの人生において、「絶縁」した友人たちがどんな人だったのか、3つのタイプをご紹介します。

他人の噂話が好きな人

1つ目のタイプは、「他人の噂話が好きな人」です。

日本人は他人の噂話が大好きな人が多いため、誰しもこういう人を見たことがあるのではないでしょうか。

私も大学生の頃は、知り合いのいない土地で初めての一人暮らしということで、友人たちに合わせて飲み会などに参加することがありました。

最初の頃は何とも思わなかったのですが、そのような友人たちは、何年経っても飲み会のたびに噂話をしていました。

その結果、私は以下のように感じるようになりました。

他人の噂話に費やす時間とお金って、
無駄じゃない?

そして、「これ以上関わっても、自分の人生にとって負債でしかない。」と感じ、上記のタイプに該当する人とは絶縁しました。

時間軸が遅い人

2つ目のタイプは、「時間軸が遅い人」です。

具体的には、以下のような人を想像してください。

決断を先延ばしにする人

口先だけで、行動しない人

大事な内容の連絡が遅い人

私はなにかあれば、すぐに決断・行動するタイプなため、上記のような人とは「時間軸」が合いません。

時間軸が遅い人と接すると、無意識にそのペースへ合わせることになり、ストレスの原因になります。

そのようなストレスを最低限にするために、上記のタイプに該当する人とは関わらないようにしています。

変化や成長のない人

3つ目のタイプは、「変化や成長のない人」です。

具体的には、以下のような人を想像してください。

いつまでも地元の同級生と群れている人

過去の思い出や栄光に縛られている人

成長意欲や向上心のない人

現代の世の中は、昔とは比べものにならないくらい「変化スピード」が急速です。

常にアンテナを張り、時代の流れを読まないと、あっという間に取り残されてしまいます。

しかし、変化や成長のない人たちは、周囲と同調することが好きなため、「他人にも同じような環境・レベル」でいることを期待します。

そのため、新しいステージやより高い世界に挑戦しようとすると、価値観が合わず「足を引っ張られているような感覚」になります。

従って、激動の時代を生き抜くためにも、上記のような人と関わることは「時間の無駄」と考えるようになりました。

KEN
KEN
現状維持で満足できる人生も、それはそれで幸せかな?とも思います。

友人と絶縁した方法は?

私が、前の章でご紹介したような友人たちと絶縁した方法は以下の通りです。

SNSのアカウントを削除・リセットする

久しぶりに連絡がきても返信しない

忙しいなどを理由に飲み会の誘いを断る

絶縁された友人側からしたら、突然返信が来なくなったり、付き合いが悪くなったと感じるでしょう。

しかし、人生は有限であることから、「数年後もお互いに有益な人間関係を築いていける人」でない限り、無理して付き合いを続ける必要もありません。

節目ごとに「人間関係の断捨離」を行うことで、本当に大事な関係というのが見えてきます。

KEN
KEN
私のLINEの友達リストは、約10人いるかな?くらいです(笑)

絶縁してすっきり?後悔?

人間関係を断捨離し、価値観の合わなくなった友人たちと絶縁した結果、私は「すっきり」しました。

もちろん、SNSを辞めた直後などは、多少の寂しさや孤独感を感じました。

しかし、数日もすれば慣れてきて、自分自身の目標ややりたいことを中心とする考え方に変わりました。

その結果、日本人に多い「周囲の目や評判を気にして生きる人生」ではなく、「自己と向き合い、他人に流されない人生」を過ごすようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、私が価値観や話題の合わなくなり絶縁した友人たちのタイプや、人間関係の断捨離方法についてご紹介しました。

人間関係の断捨離に対し、人によっては抵抗があるかもしれません。

しかし、だらだらと時間を浪費して馴れ合うような関係を続けても、そこに未来はありません。

人間関係に悩んでいる方は、「断捨離」も一つの手段と考えると、気持ちが楽になりますよ。

KEN
KEN
本記事を読んだあなたが、有意義な人生になることを祈ります!