就活・仕事

【不動産・航空】2019春・大学別就職ランキング

不動産・航空業界の就職者数

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに有益な情報を提供すべく、「就活・仕事」というカテゴリーで様々な記事をご紹介しています。

本記事の内容

日本国内の不動産・航空業界の有名4社の大学別就職ランキングをご紹介します。

対象企業および参考資料

本記事でご紹介する企業は、以下の4社です。

①三井不動産

②三菱地所

③全日本空輸(ANA)

④日本航空(JAL)

また、本記事でご紹介する就職者数については、「サンデー毎日 2019年8月18・25日合併号」の情報を参考としています。

本記事では、就職者数が多い有名大学のみご紹介していますが、雑誌内では就職者数が1名単位まで詳しく掲載されています。

KEN
KEN
母校や進学先の就職状況が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

大学別就職者数(不動産)

はじめに、不動産2社(三井不動産・三菱地所)の大学別就職者数をご紹介します。

不動産業界の就職者数

2社の総計では、慶応義塾大学が20名で1位でした。

デベロッパーは採用人数が少ないことから、有名大学であっても非常に狭き門となっています。

会社ごとに、詳しく見ていきましょう。

三井不動産

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 12
2 東京大学 7
3 早稲田大学
一橋大学
5
5 京都大学
上智大学
3

デベロッパー大手・三井不動産では、慶応義塾大学が12名就職で最多となりました。

第2位以降は、東京大学や一橋大学など最難関クラスの大学が名を連ねています。

三菱地所

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 8
2 東京大学
早稲田大学
京都大学
5
5 一橋大学
上智大学
4
7 東北大学
名古屋大学
大阪大学
立教大学
北海道大学
東京工業大学
筑波大学
1

三菱グループの大手デベロッパー・三菱地所では、慶応義塾大学が8名就職で最も多い結果となりました。

第2位以降はいずれも国内最難関クラスの大学が名を連ねており、極めて狭き門であることがわかります。

大学別就職者数(航空)

次に、航空業界2社(全日本空輸・日本航空)の大学別就職者数をご紹介します。

航空業界の就職者数

2社の総計では、慶応義塾大学と青山学院大学など有名私立大学が上位に名を連ねています。

他の業界と比較して、MARCH・関関同立や女子大がランクインしているのは、客室乗務員などの採用が多いからではないでしょうか。

会社ごとに、詳しく見ていきましょう。

全日本空輸(ANA)

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 37
2 青山学院大学 36
3 関西学院大学 35
4 早稲田大学 29
5 立教大学 28
6 上智大学 25
7 明治大学
同志社大学
22
9 立命館大学 21
10 法政大学 18

民間発の大手航空会社で、国際線に事業をシフトしようとしたらコロナウイルスが直撃して破綻しそうな勢いの全日本空輸(ANA)への就職は、慶応義塾大学の37名が最も多い結果となりました。

トップ10にはすべて私立大学がランクインしており、旧帝大など国立大学は影を潜めています。

日本航空(JAL)

順位 大学 就職者数
1 早稲田大学 45
2 青山学院大学 39
3 慶応義塾大学 38
4 立教大学 25
5 上智大学 24
6 明治学院大学 23
7 明治大学 21
8 関西学院大学 19
9 同志社大学 18
10 日本大学 15

元国営で過去に一度破綻した経緯から、控えめな経営戦略が皮肉にも功を奏した日本航空(JAL)への就職は、早稲田大学が45名でトップを飾りました。

全日本空輸(ANA)と同じく、こちらもトップ10はすべて私立大学がランクインしています。

KEN
KEN
コロナウイルスの影響で厳しい経営を強いられている航空業界ですが、その動向には目が離せません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、不動産・航空業界における「2019春・大学別就職者数」についてご紹介してきました。

上記の業界へ就職者数が多い大学を見ると、以下のことがわかりました。

不動産:採用人数が少なく、難関大学ですら非常に狭き門

航空:客室乗務員などの大量採用が影響し、中堅私立大学が上位に

このような実情を踏まえ、ライバルに負けないよう早めの準備をしていきましょう。

KEN
KEN
本記事を最後まで読んでくださった、あなたの成功を願っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です