受験・+More

【大学入試2020】国公立大学医学部・高校別合格者数一覧

020年の大学入試合格者数

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、2020年大学入試において、北海道から沖縄まで「日本全国の国公立大学医学部」の高校別合格者数をご紹介していきたいと思います。

KEN
KEN
なお、予備校が定義する難関国立大学(旧帝大+神戸大)の医学部合格者数が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
020年の大学入試合格者数
【大学入試2020】難関国立大医学部・高校別合格者数一覧こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...
Contents
  1. 対象大学および参考資料
  2. 北海道・東北地方
  3. 関東・甲信越地方
  4. 北陸・東海地方
  5. 近畿地方
  6. 中国・四国地方
  7. 九州・沖縄地方
  8. まとめ

対象大学および参考資料

本記事でご紹介する大学は、以下の40大学です。

【北海道・東北地方】
①旭川医科大学医学部医学科
②札幌医科大学医学部
③弘前大学医学部医学科
④秋田大学医学部医学科
⑤山形大学医学部医学科
⑥福島県立医科大学医学部医学科

【関東・甲信越地方】
⑦群馬大学医学部医学科
⑧筑波大学医学群医学類
⑨千葉大学医学部
⑧東京医科歯科大学医学部医学科
⑨横浜市立大学医学部医学科
⑩山梨大学医学部医学科
⑪信州大学医学部医学科
⑫新潟大学医学部医学科

【北陸・東海地方】
⑬富山大学医学部医学科
⑭金沢大学医薬保険学域(医学類)
⑮福井大学医学部医学科
⑯岐阜大学医学部医学科
⑰浜松医科大学医学部医学科
⑱名古屋市立大学医学部

【近畿地方】
⑲三重大学医学部医学科
⑳滋賀医科大学医学部医学科
㉑京都府立医科大学医学部医学科
㉒大阪市立大学医学部医学科
㉓奈良県立医科大学医学部医学科
㉔和歌山県立医科大学医学部

【中国・四国地方】
㉕岡山大学医学部医学科
㉖広島大学医学部医学科
㉗鳥取大学医学部医学科
㉘島根大学医学部医学科
㉙山口大学医学部医学科
㉚徳島大学医学部医学科
㉛香川大学医学部医学科
㉜愛媛大学医学部医学科
㉝高知大学医学部医学科

【九州・沖縄地方】
㉞佐賀大学医学部医学科
㉟長崎大学医学部医学科
㊱熊本大学医学部医学科
㊲大分大学医学部医学科
㊳宮崎大学医学部医学科
㊴鹿児島大学医学部医学科
㊵琉球大学医学部医学科

また、本記事でご紹介する合格者数については、以下の情報を参考としています。

①サンデー毎日
②週刊朝日

本記事では、各大学における合格者数が3名以上の高校のみご紹介していますが、サンデー毎日・週刊朝日の2誌では医学部合格者数が1名の高校まで詳しく掲載されています。

KEN
KEN
母校や志望校の合格状況が気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

北海道・東北地方

それでは、各大学の高校別合格者数をご紹介していきます。

旭川医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 札幌南
立命館慶祥
7
2 札幌北 6
3 帯広柏葉 5
4 旭川東
小樽潮陵
4
5 札幌西
札幌東
函館ラサール
浦和(県立)
3

日本最北端の旭川医科大学は、地元北海道の進学校である札幌南と立命館慶祥の7名合格が最多でした。

そのほか、北海道の高校からの合格が中心ですが、埼玉の浦和(県立)が3名合格しています。

札幌医科大学医学部

順位 高校 合格者数
1 札幌南 23
2 北嶺 16
3 札幌北 7
4 札幌西 6
5 旭川東
札幌第一
5
6 釧路湖陵
立命館慶祥
4
7 函館中部
札幌日大
3

旭川医科大学と同様に、札幌医科大学でも札幌南が23名合格で最多となりました。

札幌医科大学については、合格者数が3名以上の高校はすべて北海道の高校となっています。

弘前大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 弘前 15
2 八戸 10
3 青森 8
4 仙台第二 6
5 函館ラサール
盛岡第一
3

新制八医科大学の一角である青森県の国立・弘前大学医学部へは地元の弘前高校が15名で第1位となりました。

新制八医科大学は戦前に設置されたもので、弘前・群馬・東京医科歯科・信州・広島・鳥取・徳島・鹿児島の八つが該当します。

医学部ヒエラルキーの中では中間あたりに属しています。

第2位以降は八戸(10名)、青森(8名)と青森の進学校御三家がランクインしています。

秋田大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 秋田 16
2 横手 6
3 盛岡第一 5
4 江戸川学園取手 4
5 八戸
仙台第二
能代
前橋(県立)
浦和(県立)
新潟
3

秋田大学医学部へは、秋田県トップの秋田高校が16名で首位を飾っています。

そのほか、仙台第二や浦和(県立)など、新幹線でのアクセスが便利な地域からの合格も目立ちます。

山形大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 山形東 16
2 仙台第二 13
3 鶴岡南
宇都宮女子
3

山形大学医学部へも、地元の進学校・山形東が16名合格で最多でした。

秋田大学と同様に、宮城や栃木といった新幹線や高速バスでのアクセスが便利な地域から合格しています。

山形大学医学部は、多浪生や再受験には厳しい大学で有名です。

中には、前期で山形大学を不合格にされて、後期で大阪大学へ合格した方もいるそうです。

福島県立医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 福島(県立) 13
2 磐城 9
3 宇都宮 6
4 会津学鳳
安積
5
5 仙台第二 4
6 海城
フェリス女学院
3

福島にある福島県立医科大学へは、地元・福島(県立)が13名合格で最も多い結果となりました。

そのほか、福島は東京から東北新幹線ですぐ来れるため、海城やフェリス女学院などもランクインしています。

関東・甲信越地方

群馬大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 前橋(県立) 13
2 海城 6
3 高崎 5
4 前橋女子 4
5 太田(県立)
中央中教
大宮
川越(県立)
開智
市川
渋谷幕張
3

新制八医科大学の一角である群馬大学医学部へは、前橋(県立)の13名合格が最多でした。

第2位以降は、地元・群馬を含め、関東圏の高校からの合格が多いです。

筑波大学医学群医学類

順位 高校 合格者数
1 江戸川学園取手 8
2 水戸第一 6
3 清真学園
筑波大付
桜蔭
4
4 栄東
渋谷幕張
日比谷
豊島岡女子学園
栄光学園
3

文部科学省の施策により、旧帝大に勝るとも劣らない研究予算が給付されている筑波大学医学群医学類は、江戸川学園取手が8名合格でトップに立ちました。

そのほかの高校については、水戸第一や桜蔭・日比谷など首都圏を中心とした公立・私立の名門進学校が名を連ねています。

KEN
KEN
筑波まで通うのはやや遠いですが、国立大のため私立より学費が安いです!

千葉大学医学部

順位 高校 合格者数
1 渋谷幕張 14
2 豊島岡女子学園 7
3 桜蔭 6
4 千葉(県立) 5
5 船橋(県立)
学芸大付
女子学院
駒場東邦
聖光学院
4
6 市川
東邦大付東邦
日比谷
雙葉
海城
巣鴨
3

旧制六医科大学の一角である名門・千葉大学医学部医学科への合格者数は、渋谷幕張が14名で首位を飾りました。

旧制六医科大学とは、医科専門学校を源流に1919年施行の大学令にもとづいて設立された大学のことで、千葉・新潟・金沢・岡山・長崎・熊本が該当します。

国立の医学部では、旧帝国大学医学部に次ぐ歴史があります。

医学界において、ヒエラルキーの比較的上位に属する医学部です。

次点で豊島岡女子学園の7名、桜蔭の6名と続いているほか、地元の千葉(県立)や船橋(県立)など有名校からの合格が多いですね。

Youtubeで医学部受験チャンネル「MEDUCATE」を運営されているドラゴン細井先生も、渋谷幕張→千葉大学医学部という経歴をお持ちの方です。

KEN
KEN
物腰も柔らかくトークも面白い先生なので、医学部受験生以外でも楽しめます!

東京医科歯科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 桜蔭 9
2 日比谷
聖光学院
5
3 渋谷幕張
筑波大付駒場
学芸大付
豊島岡女子学園
愛光
4
4 駒場東邦
3

東大・京大・阪大と並び「医学部四天王」ともいわれ、新制八医科大学の一角である東京医科歯科大学へは、東京の難関女子校である桜蔭が9名合格で第1位となりました。

首都圏には東京大学や慶応義塾大学・順天堂大学など名だたる医学部が数多くあるため、東京医科歯科大学の学閥はやや弱い傾向にあります。

また、Youtubeでは「りり先生」という東京医科歯科大学の現役医学生の方が、大学受験や医学生の日常について動画をアップされています。

KEN
KEN
気になる方は、ぜひご覧ください!

横浜市立大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 聖光学院 9
2 豊島岡女子学園
浅野
栄光学園
フェリス女学院
5
3 学芸大付
桜蔭
4
4 横浜翠嵐 3

神奈川県の公立大学である横浜市立大学医学部医学科では、地元の聖光学院が9名合格で最多となりました。

KEN
KEN
聖光学院の卒業生には、歌手の小田和正などがいます。

そのほか、浅野や栄光学園など首都圏の有名進学校が多いです。

山梨大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 甲府南 12
2 駿台甲府 10
3 甲府東
甲陵
4
4 麻布
女子学院
甲府西
山梨学院
天王寺
高松
3

山梨大学医学部へは、地元の甲府南(12名)が最多合格でした。

関東圏の高校はもちろんのこと、天王寺(大阪)や高松(香川)といった遠方の高校からも複数名合格しています。

信州大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 松本深志 9
2 日比谷 6
3 佐久長聖 5
4 伊那北
松本秀峰中教
東海
4
5 国立
豊島岡女子学園
飯田
野沢北
3

新制八医科大学の一角である信州大学医学部へは、長野県の進学校・松本深志が9名合格で最多でした。

そのほか、日比谷や国立など北陸新幹線で気軽にアクセスできる地域からの合格も目立ちます。

新潟大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 新潟 23
2 長岡 8
3 豊島岡女子学園
高田
5
4 海城 4
5 宇都宮 3

旧制六医科大学の一角である名門・新潟大学医学部へは、県内トップの新潟高校が23名合格で第1位を飾りました。

そのほか、上越新幹線でのアクセスが便利な地域の高校が多数ランクインしています。

KEN
KEN
実は、私の弟はこの新潟大学医学部に在籍中です(笑)

北陸・東海地方

富山大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 富山中部 16
2 富山 9
3 金沢大付 5
4 高岡 4
5 片山学園
3

富山大学医学部への合格は、富山中部が16名合格で最多となりました。

第2位以降は、富山や高岡など富山県の進学校を中心に、北陸地域からの合格が多いです。

金沢大学医薬保険学域(医学類)

順位 高校 合格者数
1 金沢泉丘 17
2 藤島
金沢大付
8
3 小松 6
4 富山中部 4

旧制六医科大学の一角である名門・金沢大学医薬保健学域(医学類)については、地元の進学校である金沢泉丘が17名合格で1位となりました。

第2位以降は藤島(福井)や小松(石川)、富山中部など北陸三県からの合格が多いです。

KEN
KEN
金沢大学も長きにわたる歴史と伝統がある大学なので、しっかりと医学部の勉強をできるのではないでしょうか。

福井大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 藤島 14
2 新潟
東海
4
3 武生
岡崎

智弁和歌山
3

福井大学医学部では、福井の藤島高校が14名合格で首位を飾りました。

福井はJR北陸本線の特急「しらさぎ」「サンダーバード」でのアクセスが便利なことから、岡崎や智弁和歌山など東海圏や関西圏からの進学も特徴です。

KEN
KEN
交通の利便性というのは、大学進学にも影響を与えるのですね。

岐阜大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 岐阜 16
2 東海 11
3 7
4 大垣北 5
5 岐阜北 4

岐阜大学医学部は、地元トップ校の岐阜高校が16名で最多合格となりました。

第2位以降は、東海や滝・大垣北など東海地域の高校が名を連ねています。

浜松医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 浜松北 15
2 静岡 8
3 東海 6
4 富士
時習館
5
5 沼津東 4
6 韮山 3

静岡・浜松の浜松医科大学へは、同地域の進学校である浜松北が15名で首位を飾りました。

そのほか、静岡や東海・時習館など東海地方の高校が名を連ねています。

名古屋市立大学医学部

順位 高校 合格者数
1 東海 17
2 旭丘
9
3 南山 7
4 岡崎
時習館
3

愛知県の公立大学・名古屋市立大学医学部では、地元の有名私立・東海が17名合格でトップを飾りました。

東海高校は地元の旧帝大である名古屋大学医学部へも最多合格を記録しており、医学部入試でもその名を轟かせています。

KEN
KEN
「じゃあいつやるの?今でしょ!」で有名な林修先生も、東海高校の出身です。

そのほか、旭丘や南山・時習館など上位はすべて愛知県の高校がランクインしています。

近畿地方

三重大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 高田 15
2 伊勢 11
3 四日市 8
4 7
5 東海
5
6 松阪
三重
4
7 旭丘
四天王寺
近大付新宮
3

近畿地方の国立・三重大学医学部へは地元三重の高田高校が15名の合格者を輩出しました。

次いで、伊勢や四日市など地元の高校がランクインしています。

滋賀医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 洛南 10
2 膳所 9
3 彦根東 6
4 四天王寺 4
5 京都女子 3

滋賀県にある滋賀医科大学へは、京都の洛南が10名合格しました。

第2位以降は、地元トップの膳所(ぜぜ)を筆頭に、彦根東や四天王寺など関西地域の進学校が名を連ねています。

京都府立医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 東大寺学園 14
2 洛星 12
3 洛南 11
4 西京 5
5 堀川
北野
4
6 大阪星光学院
大阪桐蔭
四天王寺
高槻
3

長い歴史と伝統のある京都府立医科大学医学部への合格は、名門・東大寺学園が14名合格でトップを飾りました。

第2位以降は、洛星や堀川・北野など関西圏の有名校が名を連ねています。

大阪市立大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 大阪星光学院 8
2 天王寺
清風南海
甲陽学院
7
3 北野 5
4 四天王寺 4
5 明星
清教学園
西大和学園
3

大阪府立大学との統合が予定されている大阪の公立大学・大阪市立大学医学部では、大阪星光学院が8名合格でトップを飾りました。

第2位以降は、天王寺や北野など関西の難関校からの合格が目立っています。

奈良県立医科大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 東大寺学園 10
2 洛南
四天王寺
8
3 清風南海 6
4 大阪星光学院

奈良
5
5 帝塚山
奈良学園
西大和学園
4
6 大教大付池田
北野
天王寺
甲陽学院
智弁奈良カレッジ
奈良学園登美ヶ丘
3

奈良県にある単科医大・奈良県立医科大学へも、京都府立医科大学と同じく東大寺学園が首位(10名合格)を飾りました。

第2位以降は、四天王寺や奈良・天王寺など関西地域の伝統校がランクインしています。

和歌山大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 智弁和歌山 12
2 大阪星光学院
四天王寺
近大付和歌山
5
3 桐蔭
開智
4
4 大阪桐蔭
清風
西大和学園
田辺
3

和歌山県立医科大学医学部へは、地元の智弁和歌山が12名合格で第1位となりました。

第2位以降は、近大付和歌山や四天王寺など関西の進学校をはじめ、桐蔭や田辺など地元高校からの合格も目立ちます。

中国・四国地方

岡山大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 岡山白陵 9
2 愛光 8
3 岡山朝日 7
4 広島大付福山
高松
6
5 清風南海 5
6 土佐 4
7
済美平成中教
3

旧制六医科大学の一角である名門・岡山大学医学部医学科の最多合格者数は、岡山白陵の9名でした。

第2位以降は、愛光(愛媛)や高松(香川)、土佐(高知)など四国地方からの合格も多いことがわかります。

広島大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 広島学院 21
2 広島大付 12
3 修道 8
4 AICJ 6
5 広島
ノートルダム清心
5

新制八医科大学の一角である広島大学医学部医学科については、地元の広島学院が21名合格で圧倒的な実績を残しています。

第2位以降は、すべて広島県の学校がランクインしており、地元勢が健闘していることがわかります。

鳥取大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 米子東 12
2 鳥取西 7
3 四天王寺 5
4 須磨学園
西大和学園
白陵
3

新制八医科大学の一角である鳥取大学医学部は、は、地元の米子東が12名合格で首位を飾りました。

地元高校が首位を飾る一方、四天王寺や須磨学園・西大和学園など国公立大学医学部の激戦区である関西圏からの合格が目立ちます。

島根大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 出雲 8
2 松江北 5
3 千葉(県立)
姫路西
岡山朝日
岡山白陵
3

縁結びで有名な「出雲大社」を擁する島根の島根大学医学部では、出雲高校が8名合格でトップを飾りました。

中国地方の高校が多いのかと思いきや、首都圏の千葉(県立)が3名合格でランクインしています。

山口大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 山口 11
2 宇部 8
3 慶進
ラサール
7
4 徳山
久留米大付設
青雲
4
5 ノートルダム清心
岩国
下関西
小倉
3

山口大学医学部へは、地元・山口から11名の合格者が出ました。

そのほか、徳山や岩国など地元高校をはじめ、ラサールや小倉など西日本地域の高校が名を連ねています。

徳島大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 徳島市立 11
2 城東
徳島文理
9
3 城ノ内
高松
愛光
4
4 帝塚山
富岡東
3

新制八医科大学の一角である徳島大学医学部は、徳島市立高校の11名合格が最多となりました。

第2位以降は、愛光(愛媛)や高松など四国地方の有名校が名を連ねています。

香川大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 高松 15
2 丸亀
大手前丸亀
8
3 広島大付福山 5
4 清風
清風南海
4
5 大阪星光学院 3

香川大学医学部は、高松高校が15名で首位を飾りました。

第2以降は、香川へは明石海峡大橋や瀬戸大橋でのアクセスが便利なことから、広島や大阪といった近隣県の高校もランクインしています。

愛媛大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 愛光 19
2 松山東 15
3 済美平成中教 5
4 松山西中教 4
5 広島大付福山
修道
広島学院
今治西
3

愛媛大学では、地元の有名私立・愛光が19名合格でトップを飾りました。

愛光は、京都大学・北海道大学・東北大学・九州大学の旧帝大医学部へも2名ずつ合格者を輩出しており、2020年の医学部入試において素晴らしい実績を残しています。

高知大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 土佐 20
2 高知学芸 5
3 淳心学院
大手前丸亀
3

坂本龍馬やカツオのたたきが有名な高知大学医学部へは、地元・土佐が20名合格で最多となりました。

第2位以降は、高知学芸や大手前丸亀など四国地方の高校が名を連ねています。

九州・沖縄地方

佐賀大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 青雲 12
2 弘学館 8
3 佐賀西 7
4 筑紫丘
明善
明治学園
4
5 唐津東
武雄
鳥栖
3

佐賀大学医学部へは、青雲の12名合格が最も多い結果となりました。

第2位以降は、弘学館や筑紫丘など九州地域からの合格が目立ちます。

長崎大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 青雲 21
2 久留米大付設 11
3 長崎西 6
4 諫早
長崎東
4
5 長崎北陽台
大分上野丘
3

旧制六医科大学の一角である名門・長崎大学医学部へも、佐賀大学と同じく青雲が21名合格で首位を飾りました。

第2位以降は、久留米大付設や長崎西といった九州各地の進学校からの合格が目立ちます。

熊本大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 熊本 25
2 筑紫丘
久留米大付設
7
3 明治学園 6
4 真和 5
5 済々黌 4
6 福岡
宮崎西
3

九州地域では九州大学に次ぐ難易度を誇る総合大学・熊本大学の医学部へは地元トップ校の熊本高校が25名の合格者を輩出しました。

第2位以降は、済々黌や福岡などこちらも九州地域の進学校が名を連ねています。

大分大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 大分上野丘 21
2 岩田 7
3 修猷館
熊本
中津南
大分
3

別府温泉などが有名な大分大学医学部へは、大分上野丘が21名合格で最多となりました。

大分大学についても、ほかの九州地方の国立大学と同様に、九州地域内からの合格が多いです。

宮崎大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 宮崎西 11
2 都城泉ヶ丘 7
3 延岡 5
4 ラサール 3

宮崎大学医学部へは、宮崎西の11名合格が最多数でした。

第2位以降は、都城泉ヶ丘や延岡など宮崎県内の高校がランクインしています。

KEN
KEN
都城(みやこのじょう)は、かつて寝台特急・彗星の発着駅でもありました。

鹿児島大学医学部医学科

順位 高校 合格者数
1 鶴丸 24
2 ラサール 17
3 久留米大付設
熊本
甲南
4
4 加治木
鹿児島実業
志學館高等部
樟南
3

桜島と黒豚が有名な鹿児島大学医学部では、鶴丸の24名合格が最多となりました。

第2位以降は、ラサールや久留米大付設など九州屈指の難関校が名を連ねています。

琉球大学

順位 高校 合格者数
1 昭和薬科大付 29
2 沖縄尚学 16
3 開邦 7
4 宮崎大宮 6
5 八重山
興南
3

私も飛行機で何度も足を運んだ「沖縄」にある国立・琉球大学医学部へは、地元の昭和薬科大付が29名合格で第1位を飾りました。

第2位以降は、沖縄尚学や開邦・八重山など西南地域の高校が名を連ねています。

KEN
KEN
沖縄の女性は、可愛いので大好きです(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、2020年大学入試において、北海道から沖縄まで「日本全国の国公立大学医学部」の高校別合格者数をご紹介してきました。

地方国公立大学の医学部では、旧帝大医学部などと比べて以下のような特徴があります。

旧帝大医学部

医学の研究機関としても優れた実績があり、年齢・国籍などを問わず実力がある学生を歓迎する。

地方国公立大学医学部

地域医療を担う医師を確保したい思いから、都市圏の浪人生や再受験生よりも、地元出身の現役生を優遇する。

また、記事の途中でもご紹介してきましたが、国公立大学の医学部には大学の沿革によって、旧帝大を筆頭としたヒエラルキーが存在します。

KEN
KEN
テレビドラマで話題になった、白い巨塔のような世界です。

もちろん、いずれの国公立大学医学部も難関であることには間違いありません。

しかし、卒業後に医師としてのキャリアを積んでいく上で、医学界でその名を轟かせたいと思うような方は、少しでもヒエラルキーの上位に位置する大学へ進学されることをおすすめします。

KEN
KEN
36歳で脱サラをして大阪大学医学部へ合格した友人のお父さんは、経歴に救われた場面が多々あったそうです。

そのため、偏差値が高いから〇〇大学の医学部を受験するという発想よりは、「どの大学がどれほど医学界で権力を持っているか」などを考慮しながら、志望校を検討されることをおすすめします。

こうした医学部の世界における実情を踏まえ、高校受験や大学進学を控えている方が「どのような高校に進学すれば、希望する大学へ行ける可能性があるのか」などを判断する際に、本記事でご紹介した情報が参考になれば幸いです。

KEN
KEN
本記事を最後まで読んでくださった、あなたの将来が充実したものになることを願っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です