就活・仕事

【JR東日本】詳しく解説!技術系総合職採用の選考について

JR東日本の総合職採用選考

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに有益な情報を提供すべく、「就活・仕事」というカテゴリーで様々な記事をご紹介しています。

先日、山手線をはじめとする首都圏在来線網を擁する「JR東日本」で働く知人へ、就職活動時代の話を伺ってきました。

この知人は、旧帝大大学院を修了し、2014年にJR東日本へ入社しています。

本記事では、JR東日本・技術系総合職採用の選考過程について、ご紹介していきたいと思います。

JR東日本・技術系総合職の採用選考フロー

まず、JR東日本・技術系総合職の採用選考の流れをご紹介します。

①学内全体での会社説明会

②リクルーターによる会社説明会

③リクルーターによる個別面談

④リクルーターによる面接練習&壮行会

⑤1次面接

⑥2次面接

⑦最終面接

※出身大学や採用年度・部門によって選考過程は異なる可能性があります。

KEN
KEN
エントリーシートについては、選考の途中で提出したみたいなのですが、具体的にどのタイミングで提出したかは忘れてしまったそうです(笑)
なるほど。すごく長くて大変そう…。

会社説明会

次に、各ステップについて詳しく見ていきましょう。

学内全体での会社説明会

まずはじめに、学内全体での会社説明会が行われます。

この会社説明会では、機械・電気など様々な学科の系統に対するJR東日本の全体的な概要説明が行われたそうです。

特に出欠がとられることもなく、そこまで参加する必要性は感じなかったそうです。

リクルーターによる会社説明会

学内全体の説明会の後、リクルーターによる会社説明会が行われます。

この説明会の概要をまとめました。

説明会概要

担当者:OB社員(リクルーター)

内容:学生の専攻に合致するJR東日本の採用系統の仕事について

説明時間:1時間ほど

知人は、この説明会を通して「JR東日本の業務内容・事業展開、技術系の仕事内容」について理解を深めることができたそうです。

また、説明会の最後には質疑応答の時間もあったそうで、JR東日本に関して気になることやわからないことを質問できたそうです。

そのため、少しでもJR東日本に興味がある人はリクルーターが開催する会社説明会には参加したほうが良いと話していました。

KEN
KEN
うまくいけば、リクルーターに顔を覚えてもらえるかもしれませんね!

リクルーター面談

続いて、学内から誰を本社へ連れていくか選抜する「リクルーター面談」が始まります。

リクルーターによる個別面談

前章でご紹介したJR東日本の会社説明会に参加すると、リクルーターからJR東日本への就職を希望する学生に対して面談が行われます。

面談概要

社員:OB社員1~2名

面談時間:45分

面談場所:学内

ここで、実質的に大学からの選抜者が選ばれるということになるそうです。

知人の大学・専攻では30人近くの学生が面談し、そのうち通過したのは5名だったそうです。

KEN
KEN
およそ6倍ですね!

そのため、この個別面談までには自分なりに志望動機や自己PR、その他面接において聞かれそうなことにはある程度のレベルまで整理しておく必要があるでしょう。

リクルーター面談は、内定獲得への最初の関門と言えます。

面接練習&壮行会

学内のリクルーター面談を通過すると、リクルーター社員と連絡をとり、志望動機や自己PRなどについてアドバイスをもらうことができるそうです。

さらに、本社面接の前には面接練習や壮行会までしてもらえたそうです。

KEN
KEN
また、知人はこのときに以下の本で鉄道業界について幅広く研究していたそうです。

 

この本のおすすめポイント

①毎年発刊されるため、情報が新しい。

②業界全体の動向だけでなく、JR・私鉄各社の動きがわかる。

③経営・ビジネスの視点から鉄道について知ることができる。

本社面接

学内での選抜は終わると、本社面接(3段階)で全国の学生と採用枠の椅子を奪い合うことになります。

1次面接

1回目の本社面接は、1次面接です。

1次面接の概要は以下の通りです。

面接概要

面接官:2名

形式:個人面接

面接時間:30分ほど

雰囲気:和やか

面接前に簡単な自己紹介カードと専攻分野の知識に関する簡単なクイズを記入し、上記の面接が始まったそうです。

質問内容は、志望動機や自己PRなどの一般的なものが多く、嫌みな質問はそれほどなかったそうです。

しかし、過去にはJR東日本の総合職採用で「そもそもなんで働こうと思ったの?」と聞かれて不合格になった学生もいます。

毎年必ず和やかというわけではないことを意識しておきましょう。

面接後、およそ1週間以内に通過連絡があり、二次面接の日程調整をしたそうです。

2次面接

2回目の本社面接は、2次面接です。

2次面接の概要は以下の通りです。

面接概要

面接官:採用系統の社員2名

面接時間:20分ほど

雰囲気:1次面接よりもさらに和やか

質問内容は志望動機や自己PRなど、1次面接のときとそれほど変わらない一般的なものが多かったそうです。

そして、2次面接も面接後およそ1週間以内に通過連絡があったそうです。

最終面接

3回目の本社面接は、最終面接です。

最終面接の概要は以下の通りです。

面接概要

面接官:人事部の社員2名

面接時間:15分ほど

雰囲気:和やか

その他:適性検査と健康診断

最終面接は、「適正検査→面接→健康診断」という流れだったそうです。

これまでの面談・面接とは異なる点として、採用系統の社員ではなく人事部の社員が面接官だったそうです。

そのため、専攻分野に関する具体的な質問などはあまりない代わりに、主に以下のようなことを聞かれたそうです。

・JR東日本でどんなことがしたいのか

・なぜJR東日本でなければいけないのか

・自己PRと合致しているか

質問に対する深堀もあったそうですが、最終面接まで辿りつくことが出来れば問題なく受け答えが出来ると思うので、それほど心配しなくて良いと話していました。

JR東日本に内定するためのおすすめの書籍

この人はとんとん拍子で内定を勝ち取ったみたいだけど、何か対策とかしていたの?

この知人は、以下のような本を熟読して幅広く鉄道業界について研究していたらしいです。

業界研究に関する本

鉄道会社の採用選考では「なぜJR東日本なのか?」といった他社との差別化を明確に求められます。

そのため、JRをはじめとする鉄道会社の総合職から内定が欲しい場合は、業界全体の動向に目を通しつつ、特定の会社の事業内容や強み・弱みなどを熟知しておく必要があります。

鉄道業界や各社の動向については、下記の本がおすすめです。

 

この本のおすすめポイント

①毎年発刊されるため、情報が新しい。

②業界全体の動向だけでなく、JR・私鉄各社の動きがわかる。

③経営・ビジネスの視点から鉄道について知ることができる。

労働組合に関する本

鉄道会社では、労働組合による組合活動が大きな勢力を持っています。

特にJR東日本では、過去に社員がストライキを起こそうとして結局中止になり世の中を騒がせたことがあります。

このように、鉄道会社で働く人にとっては切っても切れない存在である労働組合の実態を入社前に知っておくと良いでしょう。

福知山線脱線事故に関する本

鉄道というのは、過去の悲しい事故を教訓に安心・安全が改善されてきた乗り物です。

昨今の鉄道関係で最も衝撃的だった事故は、2005年に発生したJR西日本の福知山線脱線事故ではないでしょうか。

この事故はJR史上過去最悪の事故とも言われているので、歴史を繰り返さないためにも一読しておくと良いでしょう。

国鉄分割民営化に関する本

1987年にJR各社が発足する前までは、すべて国鉄という一つの組織でした。

分割民営化から30年以上が経過していますが、今でもJR各社では国鉄の名残を深く受け継いでいる場面も多々あるそうなので、国鉄がどのような組織だったのかを知っておくと良いでしょう。

このような本を読むことで、採用説明会などでは絶対に知ることができない内情についても理解を深め、他者に差をつけてみてください。

また、本を読むだけではなく内定者のエントリーシートを参考にして万全の対策をしたいという方は、以下の記事で実際のエントリーシートを限定公開していますので、あわせてご覧ください。

鉄道会社のエントリーシート
【インターンと本選考】JR・大手私鉄内定者のES限定公開こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、JR東日本の技術系総合職における採用選考について、知人の実体験をベースに詳しくご紹介してきました。

ほかの記事でご紹介した、JR東海の採用選考などと比べると圧迫面接などは特になく、JR各社によっても社風やカラーが異なることがわかりましたね。

JR東海の採用選考
【JR東海】徹底解説!技術系総合職の採用選考についてこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに...

JR東日本を取り巻く環境としては、地方エリアの過疎化や、高齢化により働く世代が減少・定期券収入など鉄道事業の収益性の低下があげられます。

その一方、エキナカやSuicaなど事業の多角化も実施している会社なので、この先もなくなることは考えにくいでしょう。

会社に一生を捧げる覚悟のある方はぜひ総合職にチャレンジして、長い下積みを耐えた先にある社内のエリート街道を突き進んでください!

KEN
KEN
私は会社内での出世に興味がないので、脱サラを目指します。

「就活・仕事」の記事をもっと見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です