受験・+More

【成績開示結果掲載!】北大総合理系の傾向と受験対策

北大受験の成績開示

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、私が2013年に受験した北海道大学の入試結果を公開し、受験時の傾向と対策を分析していきたいと思います。

KEN
KEN
私以外にも3人の友人に成績開示のご協力をいただいているので、あわせてご覧ください。

北大総合理系の配点

現行の大学入試で北大に入学したい場合、「センター試験」と「2次試験」の合計点が高い順に合否が決まります。

単純な合計点ではなく、センター試験が4割、2次試験が6割という配分になっています。

センター試験が総合点の4割を占めるのは、旧帝大では高いほうになります。

センター試験

センター試験は、与えられた誘導に従って問題を解いていくマークシート形式の試験で、一般的に900点満点で計算されます。

北大の場合、そのセンター試験が以下のように300点満点に圧縮されます。

数学 英語 国語 理科 地歴公民 合計
60 60 80 60 40 300

総合入試理系の場合、2次試験で課されない「国語」「地歴公民」の配点が高くなっています。

「理系だから、国語や社会は勉強しなくていい」などと考えると、足元をすくわれる可能性があります。

KEN
KEN
どの科目も、しっかり対策しましょう!

2次試験

2次試験は、思考力や論理的に解答を導出する力が問われる記述式の筆記試験です。

センター試験と異なり、2次試験は大学によって日程や試験時間が異なります。

東京工業大学:数学だけで3時間(途中休憩あり)

東北大学や大阪大学:2日間にわたって2次試験を実施

北海道大学の総合入試理系の場合、2次試験は以下の3科目が1日で実施されます。

数学:120分

英語:90分

理科(物理・化学・生物・地学の中から2つ選択):150分

また、選抜群によって以下のように配点が異なっています。

選抜群 数学 物理 化学 生物 地学 英語 合計
数学重点 200 50 50 50 50 150 450
物理重点 150 100 50 50 50 150 450
化学重点 150 50 100 50 50 150 450
生物重点 150 50 50 100 50 150 450
総合科学 150 75 75 75 75 150 450

(※赤字の項目は各選抜群の必須科目で、理科は必須科目を含む2科目を受験します。)

物理が苦手だから、化学重点にしようかなぁ。
数学が得意だから、数学重点で受ける!

このように、自身の得意科目を活かす受験スタイルを選べるのが北大の総合入試の特徴となっています。

これらの試験を合計した750点満点のうち、年度や問題の難易度にもよりますが、おおむね500~520点取れれば北大には合格できます。

大学入学後の学部・学科移行に関しては、どの選抜群で入学したかは全く関係ありません。

ex1)生物重点で入学→工学部へ移行

ex2)物理重点で入学→生物学科へ移行

といったように、大学で学びながら自身の専門科目や適性を選ぶことができます。

私と友人の受験結果

この章では、冒頭でも書いた通り、私や友人の実際の受験結果を公開していきたいと思います。

参考までに、本記事で受験結果を公開する人の出身高校は以下の通りです。

KEN:新潟県内の公立高校
友人A:大阪府内の公立高校
友人B:栃木県内の私立高校
友人C:北海道内の公立高校

まず、私が受験した2013年(平成25年)のセンター試験の「科目別平均点」を掲載します。

科目 平均点
数学Ⅰ・A 51.2
数学Ⅱ・B 55.64
国語 101.04
英語 119.15
リスニング 31.45
物理Ⅰ 62.7
化学Ⅰ 63.67
地理B 61.88
日本史B 62.13

また、同じ年(2013年)の北大総合理系の「合格者数、最高点、最低点、平均点」も掲載します。

選抜群 合格者数 最高点 最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 139 647.78 481.83 522.16 692.44
物理重点 251 633.74 488.92 524.02 702.08
化学重点 251 638.2 478.26 516.15 703.20
生物重点 189 566.76 466.94 499.76 708.63
総合科学 268 608.57 486.64 525.87 713.11

 

KENの受験結果(化学重点)

それでは、化学重点選抜群で受験した私のセンター試験の点数を公開します。

センター試験の成績
900点満点 北大傾斜
数学Ⅰ・A 88/100 26.4/30
数学Ⅱ・B 90/100 27/30
国語 109/200 43.6/80
(現代文) 48/100
(古文) 15/50
(漢文) 46/50
英語 166/200 49.44/60
(リスニング) 40/50
物理Ⅰ 65/100 19.5/30
化学Ⅰ 89/100 26.7/30
地理B 84/100 33.6/40
合計 689.8/900 226.24/300

(※英語は、リスニングとの合計点に0.8をかけることで合計点が算出されます。)

センター試験と2次試験の合計と順位は、以下の通りでした。

北大の受験結果
センター 数学 物理 化学 英語 合計 順位
226.24/300 100/150 24.5/50 72/100 100.5/150 523.24/750 83/251

 

参考までに、私立併願先もご紹介します。

大学 学部 入試方式 合否
立教 理(物理) 一般
明治 情報コミュニケーション センター利用
学習院 理(物理) 一般

 

KEN
KEN
実は学習院大学に入学すれば、佳子様と同級生でした(笑)

友人Aの受験結果(総合科学)

次に、総合科学選抜群で受験した友人Aのセンター試験の結果をご紹介します。

センター試験の成績
900点満点 北大傾斜
数学Ⅰ・A 74/100 22.2/30
数学Ⅱ・B 94/100 28.2/30
国語 136/200 54.4/80
(現代文) 51/100
(古文) 40/50
(漢文) 45/50
英語 168/200 50.4/60
(リスニング) 42/50
物理Ⅰ 76/100 22.8/30
化学Ⅰ 88/100 26.4/30
地理B 65/100 26/40
合計 701/900 230.4/300

(※英語は、リスニングとの合計点に0.8をかけることで合計点が算出されます。)

友人Aのセンター試験と2次試験の合計と順位は、以下の通りでした。

北大の受験結果
センター 数学 物理 化学 英語 合計 順位
230.4/300 95/150 42.75/75 50.25/75 106.5/150 524.9/750 119/268

 

友人Aは万が一に備え、以下のように私立大学の同一学部学科をセンター利用と一般の両方で併願したそうです。

大学 学部 入試方式 合否
東京理科 理工 一般
東京理科 理工 センター利用
立命館 理工 一般
立命館 理工 センター利用

また、友人Aが受験生だった頃の模試の成績推移についての記事も配信しているので、合格までの成績や判定の推移について知りたい方は、あわせてご覧ください。

北海道大学の模試
【北大模試】分析!合格者の受験期判定推移【大学別模試】こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

友人Bの受験結果(化学重点)

続いて、私と同じ化学重点選抜群で受験した友人Bのセンター試験の結果をご紹介します。

センター試験の成績
900点満点 北大傾斜
数学Ⅰ・A 76/100 22.8/30
数学Ⅱ・B 76/100 22.8/30
国語 152/200 60.8/80
(現代文) 71/100
(古文) 35/50
(漢文) 46/50
英語 146/200 45.12/60
(リスニング) 42/50
物理Ⅰ 74/100 22.2/30
化学Ⅰ 92/100 27.6/30
日本史B 74/100 29.6/40
合計 694.4/900 230.92/300

(※英語は、リスニングとの合計点に0.8をかけることで合計点が算出されます。)

友人Bのセンター試験と2次試験の合計と順位は、以下の通りでした。

北大の受験結果
センター 数学 物理 化学 英語 合計 順位
230.92/300 83/150 25/50 77/100 73.5/150 489.42/750 205/251

 

私立併願先は、以下の通りでした。

大学 学部 入試方式 合否
東京理科 一般 ×
東京理科 理工 センター利用
芝浦工業 センター利用

友人Cの受験結果(物理重点)

もう1人、物理重点選抜群で受験した友人Cのセンター試験の結果をご紹介します。

センター試験の成績
900点満点 北大傾斜
数学Ⅰ・A 70/100 21/30
数学Ⅱ・B 98/100 29.4/30
国語 156/200 62.4/80
(現代文) 70/100
(古文) 40/50
(漢文) 46/50
英語 192/200 56.64/60
(リスニング) 44/50
物理Ⅰ 73/100 21.9/30
化学Ⅰ 70/100 21/30
地理B 75/100 30/40
合計 730.8/900 242.34/300

(※英語は、リスニングとの合計点に0.8をかけることで合計点が算出されます。)

友人Cのセンター試験と2次試験の合計と順位は、以下の通りでした。

北大の受験結果
センター 数学 物理 化学 英語 合計 順位
242.34/300 48/150 71/100 30/50 106.5/150 497.84/750 208/251

 

KEN
KEN
友人Cは、明治大学の理工学部をセンター利用で併願したそうですが、合否については忘れてしまったそうです(笑)

ここで、私と友人らのセンター試験および2次試験の得点率をまとめます。

北大傾斜(%) 2次得点率(%)
KEN 75.4 66
友人A 76.8 65.4
友人B 77 57.4
友人C 80.8 56.8

KEN・友人A:センター素点は合格者平均点より10点以上低いが、2次試験で得点を稼いで半分より上位で合格した。

友人B・友人C:センター素点は合格者平均点と同程度または高く、2次試験も逃げ切り合格した。

このように、各々の得意・不得意によって様々な受験結果のパターンがあります。

上記4名の「センター試験(北大傾斜)」と「2次試験」の得点率における相関を調べてみた結果、決定係数は0.55となり、センター試験と2次試験の得意・不得意に相関は見られませんでした

センター試験と2次試験の相関

選抜群の選び方

どの選抜群で出願するか迷う!

北大総合理系を受験するにあたり、このような悩みを抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、私を含めた4名の得点をもとに、各選抜群で受験した場合のシミュレーションをしていきたいと思います。

数学重点で受験した場合

総合入試の数学重点
センター 数学 物理 化学 英語 合計 最低点 合否
KEN 226.24/300 133.33/200 24.5/50 36/50 100.5/150 520.57/750 481.83
友人A 230.4/300 126.67/200 28.5/50 33.5/50 106.5/150 525.57/750
友人B 230.92/300 110.67/200 25/50 38.5/50 73.5/150 478.59/750 ×
友人C 242.34/300 64/200 35.5/50 30/50 106.5/150 478.34/750 ×

 

物理重点で受験した場合

総合入試の物理重点
センター 数学 物理 化学 英語 合計 最低点 合否
KEN 226.24/300 100/150 49/100 36/50 100.5/150 511.74/750 488.92
友人A 230.4/300 95/150 57/100 33.5/50 106.5/150 522.4/750
友人B 230.92/300 83/150 50/100 38.5/50 73.5/150 475.92/750 ×
友人C 242.34/300 48/150 71/100 30/50 106.5/150 497.84/750

 

化学重点で受験した場合

総合入試の化学重点
センター 数学 物理 化学 英語 合計 最低点 合否
KEN 226.24/300 100/150 24.5/50 72/100 100.5/150 523.24/750 478.26
友人A 230.4/300 95/150 28.5/50 67/100 106.5/150 527.4/750
友人B 230.92/300 83/150 25/50 77/100 73.5/150 489.42/750
友人C 242.34/300 48/150 35.5/50 60/100 106.5/150 492.34/750

 

総合科学で受験した場合

総合入試の総合科学
センター 数学 物理 化学 英語 合計 最低点 合否
KEN 226.24/300 100/150 36.75/75 54/75 100.5/150 517.49/750 486.64
友人A 230.4/300 95/150 42.75/75 50.25/75 106.5/150 524.9/750
友人B 230.92/300 83/150 37.5/75 57.75/75 73.5/150 482.67/750 ×
友人C 242.34/300 48/150 53.25/75 45/75 106.5/150 495.09/750

 

シミュレーション結果をまとめると、以下のようになります。

KENと友人A:すべての選抜群で合格

友人B:化学重点のみ合格(数学重点、物理重点、総合科学で不合格

友人C:物理重点、化学重点、総合科学で合格(数学重点のみ不合格)

そのため、どの選抜群で出願するべきかをまとめると以下のようになるでしょう。

【各科目バランスよく得点できる方】
→どの選抜群で出願しても、合否にはさほど影響しない。

【特定の科目が苦手な方・記述試験に自信がない方】
自身の得意・不得意に合わせた選抜群で出願すると良い。

友人Bは、出願直前の判定では物理重点のほうが良くて悩んだそうですが、自分が得意な化学重点を選択したそうです。

KEN
KEN
友人Bの選択は、大正解だったといえるでしょう。

2次試験の対策方法

北大の2次試験は、どれくらい難しいの?

結論として、北大の2次試験は標準かつ基礎的な問題が多い傾向にあります。

しかし、だからといって合格するのが簡単というわけではありません。

それぞれの科目で、以下のことが求められます。

英語:2つの長文や自由英作文などを90分の試験時間で解ききること

数学:標準的な問題が多いからこそ、しっかとり正答すること

理科:基本的な法則や知識を一通り網羅すること

このあたりは、各大学によって問題のクセや出題傾向が異なります。

そのため、赤本で自身の得手・不得手を理解し、相性の良い大学を調べることをおすすめします!

(参考)大学入学後の成績や進路

大学入学後の成績や進路も参考までに知りたいな~。

私を含め成績開示の掲載に協力してくれた3名の友人は、受験時の点数や順位こそそれぞれ異なりますが、学部3年終了時点での成績順位は以下の通りでした。

KEN:8位
友人A:7位
友人B:6位
友人C:5位

※全員とも、約40人ほどの同じ学部学科に所属

その結果、全員が大学院修士課程の筆記試験が免除になっています。

また、大学卒業後の進路は以下の通りとなっています。

KEN:大学院修了後、IT系のコンサルタント会社へ就職。現在は脱サラを目指して日々奮闘中。

友人A:大学院修了後、JRを経て開発コンサルタントへ転職。また、社会人ドクターで博士号取得を目指している。

友人B:学部時代にノー勉で国家総合職試験に合格し、大学院修了後は中央省庁の技術官僚として勤務している。

友人C:公務員と大学院を併願し、第一志望の公務員試験(地方公務員技術職)に合格したため大学院へは進学せず就職。

このように、皆別々の道を歩んでいますが、卒業後も社会や学術の発展のために努力を継続しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、私が2013年に受験した北海道大学の入試結果を公開し、受験時の傾向と対策を分析してきました。

その結果、以下のことがわかりました。

①物理重点での受験では、友人Cが497.84点(208位/251位)で合格した。
→物理重点の合格最低点は488.92点なので、わずか9点以内に40人近い人数が密集している

②化学重点の受験では、私が523.24点(83位/251位)で、友人Bが489.42点(205位/251位)で合格した。
合格点はおよそ30点差で、そのあいだに120人ほどが分布している

つまり、合格できる受験生の学力層はほぼ紙一重で、当日のコンディションや問題との相性、小さいミスなどが大きな命取りになりかねない世界であることがおわかりいただけるかと思います。

また、私たちの得点を選抜群ごとに計算すると、どの選抜群に出願するかによって明暗が分かれることも明らかになりました。

このように、大学入試というのは運と縁の要素も大きい一発勝負の厳しい世界です。

しかし、そんな厳しい受験戦争を頑張り乗り越えた経験は、必ずや将来の自分の役に立つことでしょう。

大手予備校の人気講師の方が仰っていましたが、大学受験で一番大事なことはあくまで合格点を取ることです。

最高点でも最低点でも、入ってしまえばなんの違いもありません。

それよりもむしろ、
合格してからが本番です。

KEN
KEN
大学入学後もしっかり学び続けることで、あなたの将来が豊かなものになることを願っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です