受験・+More

【2021大学入試】考察!北海道大学・総合理系の合格点

2021年の北大総合理系合格点

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、共通テストが導入された初年度の大学入試における、北海道大学総合理系の合格点について考察します。

総合理系とは?

総合理系とは、北海道大学の理系学部(理・工・農・薬など)の学生を前期日程で一括募集し、2年次以降専門のコースへ振り分ける入試制度のことです。

【一般的な大学】
大学入学時に学部・学科を決めて受験する。

【北海道大学の総合理系】
大学入学時には学部を決めず、2年進級時に決定する。

大学の学問分野は多岐にわたるため、大学受験の時点で将来進む方向性がわからないという方も多いのではないでしょうか。

KEN
KEN
私も高校時代に学部を決めることができず迷走していました(笑)

私が受験をした大学一覧です。

・北海道大学:総合理系
・明治大学:情報コミュニケーション学部
・立教大学:理学部
・学習院大学:理学部

北大受験の成績開示
【成績開示結果掲載!】北大総合理系の傾向と受験対策こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

また、総合理系には、自身の得意科目を活かしたり、苦手科目の配点を小さくしたりすることができる「選抜群」という制度があります。

具体的には、以下の5つの選抜群があります。

①数学重点
②物理重点
③化学重点
④生物重点
⑤総合科学

各選抜群の配点は、以下の通りです。

数学 物理 化学 生物 地学 英語 合計
数学重点 200 50 50 50 50 150 450
物理重点 150 100 50 50 50 150 450
化学重点 150 50 100 50 50 150 450
生物重点 150 50 50 100 50 150 450
総合科学 150 75 75 75 75 150 450

(※赤字の項目は各選抜群の必須科目で、理科は必須科目を含む2科目を受験します。)

大学入学後の学部・学科移行に関しては、どの選抜群で入学したかは全く関係ありません。

・生物重点で入学→工学部へ移行

・物理重点で入学→生物学科へ移行

このほか、総合文系から工学部や総合理系から経済学部など、文転・理転も可能です。

2021年の合格点

それでは、2021年入試における総合理系の合格点を見ていきましょう。

まず、選抜群別の合格最高点・合格最低点・平均点(総合点)・平均点(共通テスト素点)を以下に掲載します。

最低点と平均点は、それぞれ以下のようにして算出されています。

最低点、平均点(総合点)
共通テスト(300点)と2次試験(450点)の計750点満点

平均点(共通テスト素点)
圧縮なしの900点満点

合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(共通テスト素点)
数学重点 672 506.93 554.01 702.22
物理重点 636 527.1 561.65 719.36
化学重点 646.6 500.2 538.62 716.95
生物重点 641.2 492.8 532.71 726.36
総合科学 649.95 522.7 565.19 738.97
2021年の北大総合理系平均点

例年、北海道大学の総合理系では500~520点が合格ラインでした。

しかし、2021年は合格ラインが上昇し、高得点を必要とする競争となりました。

KEN
KEN
センター試験時代(2011年~2020年)の合格点については、以下の記事をご覧ください。
北大理系の合格点
【北大入試】徹底分析!総合理系の合格点【10ヵ年分】こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

合格点が上昇した要因

なぜこのような事態が起きたのか、2つの観点から考察していきます。

共通テストの難易度が下がらなかった

1つ目の要因は、共通テストの難易度が下がらなかったことです。

試験実施前、共通テストは以下のような難易度になると予想されていました。

センター試験:6割程度の平均点

共通テスト:5割程度の平均点

そのため、河合や駿台など大手予備校の分析でも、難易度が上昇して各大学のボーダーラインが下がると予想されていました。

しかし、蓋を開けてみると例年と変わらない難易度に落ち着きました。

その結果、難関大学へは強気の出願が相次ぎ、北海道大学に合格するためには共通テストで8割前後の得点が目安になったと考えられます。

2次試験が解きやすかった

2つ目の要因は、2次試験が解きやすかったことです。

2021年の大学入試では、コロナウイルスの流行により学校間の学習進度に配慮する傾向がありました。

そのため、終盤で学習する数学3のような発展分野からの出題が減少し、基礎・標準的な問題の出題が増えたと考えられます。

2021年の北大入試は数学・物理が比較的解きやすかったらしく、その傾向が選抜群の合格点にも現れています。

数学重点の平均点:554.01点

物理重点の最低点:527.10点

KEN
KEN
しっかり過去問を解いて、対策しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、初めて共通テストが実施された、北海道大学総合理系の合格点(2021年)について考察しました。

北海道大学など難関国立大学へ合格するためには、受験生時代に1日8時間前後の勉強をしなければいけません。

また、複数の入試方式や日程がある私大入試とは異なり、共通テストと2次試験という一発勝負のプレッシャーに打ち勝つ必要があります。

しかし、このような苦難を乗り越えて大学へ合格した後には、自らの意思で人生を謳歌することができます。

私は学生時代に以下のような体験ができました。

・北海道の可愛い女の子と恋に落ちる
・就職活動で新卒の平均年収以上を稼ぐ
・航空会社の最上級会員に到達
・クレジットカードのゴールドカードを発行
・卒業旅行で東京-NYのビジネスクラスに搭乗

KEN
KEN
北大時代の友人も、札幌で可愛いお姉さんに一目惚れしていました(笑)

北大に合格した暁には、いろんな意味で札幌ライフを満喫しましょう!