受験・+More

【北大入試】徹底分析!総合理系の合格点【10ヵ年分】

北大理系の合格点

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

私が在籍していた北海道大学では、2011年より「総合入試制度」が導入されました。

本記事では、北海道大学の総合理系について、10ヵ年分(2011年~2020年)の入試データをもとに、センター試験や2次試験で具体的に何点とれると合格できるのかを分析していきたいと思います。

KEN
KEN
文系学部の合格点について知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
北大文系の合格点
【北大入試】徹底分析!文系学部の合格点【10ヵ年】こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

総合理系とは?

総合理系とは、北海道大学の理系学部(理・工・農・薬など)の学生を前期日程で一括募集し、2年次以降専門のコースへ振り分ける入試制度のことです。

他の大学であれば、入学時に学部を決めて受験する大学がほとんどだと思いますが、総合理系では大学入学時に学部を決めなくても良いというのが最大の特徴です。

KEN
KEN
私が北海道大学に進学することを決めた理由の1つは、高校時代に学部を決めることができなかったからです(笑)

また、総合理系には、自身の得意科目を活かしたり、苦手科目の配点を小さくしたりすることができる「選抜群」という制度があります。

具体的には、以下の5つの選抜群があります。

①数学重点
②物理重点
③化学重点
④生物重点
⑤総合科学

北海道大学の総合入試
【北大受験】総合入試制度の特徴と難易度【理系・文系】こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

10ヵ年分の入試データ

ここからは、総合理系の選抜群の10ヵ年分(2011年~2020年)の入試結果を分析していきましょう。

まず、選抜群別の合格最高点・合格最低点・平均点(総合点)・平均点(センター素点)を以下に掲載します。

最低点と平均点は、それぞれ以下のようにして算出されています。

最低点、平均点(総合点)
センター試験を圧縮した300点と2次試験450点の計750点満点

平均点(センター素点)
圧縮なしの900点満点

2011年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 617.85 452.62 495.11 691.19
物理重点 682.28 490.62 524.45 705.69
化学重点 617.84 478.96 517.39 715.14
生物重点 622.74 477.8 522.1 726.2
総合科学 636.64 466.08 512.58 721.67

2012年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 607.65 464.27 506.78 721.85
物理重点 641.98 491.12 528.62 729.55
化学重点 633.86 494.1 528.92 730.08
生物重点 613.34 481.5 520.11 739.18
総合科学 642.41 500.08 536.54 748.56

2013年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 647.78 481.83 522.16 692.44
物理重点 633.74 488.92 524.02 702.08
化学重点 638.2 478.26 516.15 703.2
生物重点 566.76 466.94 499.76 708.63
総合科学 608.57 486.64 525.87 713.11

2014年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 597.65 476.15 515.35 704.67
物理重点 618.12 477.48 512.7 718.51
化学重点 605.54 492.62 524.7 720.43
生物重点 600.04 481.32 520.95 717.75
総合科学 655.73 481.4 521.9 727.37

2015年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 670.55 519.23 548.64 711
物理重点 662.82 518.06 554.4 729.22
化学重点 650.5 516.18 551.7 731.7
生物重点 639.68 502.88 540.49 724.68
総合科学 677.9 490.53 540.84 733.29

2016年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 609.95 445.87 491.47 702.65
物理重点 618.72 477.1 511.28 719.83
化学重点 610.32 476.1 513.65 721.22
生物重点 618.74 469.94 506.41 722.23
総合科学 607.25 464.85 501.95 734.79

2017年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 623.51 481.23 516.23 704.87
物理重点 611.34 480.82 516.21 717.76
化学重点 607.78 474.78 514.45 722.53
生物重点 652.24 487.6 522.12 731.19
総合科学 631.61 492.77 531.18 743.14

2018年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 580.91 482.8 511.77 702.43
物理重点 624.32 486.88 522.97 716.41
化学重点 631.48 494.82 528.3 720.09
生物重点 628.44 485.22 521.35 723.22
総合科学 632.6 490.5 530.89 731.83

2019年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 654.79 480.78 517.05 717.42
物理重点 607.7 475.86 511.3 733.48
化学重点 606.14 469.6 506.82 734.44
生物重点 610.56 477.38 516.77 740.49
総合科学 612.9 473.6 511.69 747.65

2020年

選抜群 合格最高点 合格最低点 平均点(総合点) 平均点(センター素点)
数学重点 605.96 467.71 505.04 699.05
物理重点 642.78 502.78 536.13 720.81
化学重点 623.42 485.2 519.56 721.81
生物重点 606.34 481.02 516.69 723.89
総合科学 637.66 490.37 532.84 737.09

図表で可視化

次に、上記のデータを箱ひげ図で可視化していきましょう。

箱ひげ図とは、最大値・最小値・四分位数の情報を表現したグラフのことで、以下のようなメリットがあります。

箱ひげ図のメリット

・データの分布を簡単かつ視覚的に把握することができる。

・極値による平均値のズレを補正し、得点分布内の中央値を知れる。

合格最高点

北大入試の合格最高点

 合格最低点

北大入試の合格最低点

平均点(総合点)

北大入試の合格平均点

平均点(センター素点)

北大入試のセンター平均
KEN
KEN
ちなみに、私が2013年にセンター試験を受けたときの点数は689点だったので、グラフの範囲外ですね(笑)

合格するための具体的な点数を分析

続いて、センター試験や2次試験で具体的に何点ほど得点できると合格できるのかについて分析していきます。

自身がどちらで得点を稼ぎやすいタイプなのかを分析し、能力や適性に合わせた受験対策を考えることが大切です。

センター試験

センター試験は、全受験生が共通の問題を解く、マークシート形式の試験です。

教科書で習うような基礎的な知識をきちんと理解しているかを問われる、標準的な問題が多く出題されます。

前章の図表から読み取れることをまとめてみましょう。

【数学重点】
平均点(センター素点)の中央値は703.66点で、ほかの選抜群と比べて最も低い結果となりました。これは、2次試験のうち数学が占めるウェイトが大きい(200点の配点)ため、センター試験で思うような結果を取れなくても、得意な数学で一発逆転を狙う受験生が多いからではないでしょうか。

【物理・化学・生物重点】
平均点(センター素点)の中央値は727~730点でした。つまり、旧帝大理系学部のボーダーライン目安にもなる80%以上の得点率を目標とすると良いでしょう。

【総合科学】
平均点(センター素点)の中央値は734.04点で、ほかの選抜群と比べて最も高い結果となりました。総合科学を選択する受験生は、全科目満遍なく得点できるオールラウンダーが多いのではないでしょうか。

2次試験

2次試験は、教科書で習うことしか出題されないのはセンター試験と同じですが、思考力や複合的な知識・解法を駆使できるかを問うような記述式の問題が多く出題されます。

前章の図表から、おおむね総合点で500~520点を得点できれば、合格点に到達できることがわかります。

そこで、センター試験の点数ごとに、合格点を520点としたときに必要となってくる2次試験の点数をまとめてみました。

北大入試の得点率
センター試験の得点(傾斜後) 得点率 合格点を520点としたときに
2次試験で必要になる点数
得点率
210点 70.0% 310点 68.9%
220点 73.3% 300点 66.7%
230点 76.7% 290点 64.4%
240点 80.0% 280点 62.2%
250点 83.3% 270点 60.0%

 

表を見ると、センター試験の点数にもよりますが、2次試験では6割以上の得点率が合格への目安となるということがわかります。

KEN
KEN
赤本を解きまくって、ぜひ6割を取れるようになりましょう!

 

赤本のおすすめポイント

①直近数年分の過去問が載っており、大学ごとの傾向をつかめる。

②志望校合格に向けて、モチベーションアップにつながる。

③合格者の声などが掲載されており、読み物としても面白い。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、北海道大学の総合理系について、10ヵ年分(2011年~2020年)の入試データをもとに、センター試験や2次試験で具体的に何点とれると合格できるのかを分析してきました。

今の状況だと、全然合格点に足りないな…。
KEN
KEN
私も自分自身の受験勉強を振り返ると、ハードだった記憶が蘇ります。

しかし、20歳前後の重要な時期にしっかりと努力した経験は、その後も何かしらの形であなたの人生を助けてくれるはずです。

また、総合入試は北海道大学ならではの特徴であり、このような入試を取り入れる「開拓者精神」や、「実学の重視」といった大学の理念は個性的なものです。

そして何より、北大の理工系学部の卒業生には国内外で活躍する著名な卒業生が数多くいます。

・毛利衛さん(宇宙飛行士・理学部)

・石井裕さん(MIT教授・工学部)

北海道大学に興味のある方は、ぜひ門戸を叩いて実りある人生を開拓してください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です