受験・+More

【どんな人が行くべき?】工学部・大学院進学率ランキング

大学院の進学率

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、理系学生なら行くべきか悩むであろう「大学院」について、全国の工学部における大学院進学率をもとに考察していきます。

大学院とは?

はじめに、大学院の定義を見てみましょう。

大学院とは

大学院とは、高等教育(学士課程)にて優秀な成績評価を取得した者を対象として、上級学位(修士、専門職学位、博士)を付与する機関である。

(Wikipedia「大学院」より)

このように記載されており、一般的な大学(学士課程)の4年間よりも高度で発展的な学問を修める環境となっています。

KEN
KEN
実際は、成績優秀でなくても大学院に進学できるのが現状です。

所属先の名称も、学部と大学院では以下のように異なります。

学部:東京大学・工学部

大学院:東京大学大学院・工学系研究科

また、大学院の標準修業年限は以下の通りです。

博士前期課程:2年

専門職大学院:2年

博士後期課程:3年

工学部の大学院進学率

それでは、工学部で大学院進学者が多い大学はどこなのかを見ていきましょう。

本記事で扱う情報は、パスナビに掲載の2020年3月卒業者数・進学者数を基に作成しています。

また、東京工業大学については、以下の学院の合計値を用いています。
・工学院
・物質理工学院
・情報理工学院
・生命理工学院
・環境・社会理工学院

大学院進学率の高い大学・学部は以下の通りです。

大学院進学率ランキング
順位 大学 学部 進学率(%)
1 東京工業大学 工学系 89.4
2 京都大学 工学部 87.1
3 東北大学 工学部 86.3
4 大阪大学 工学部 85.4
5 名古屋大学 工学部 85.0
6 大阪府立大学 工学域 84.4
7 九州大学 工学部 81.9
8 北海道大学 工学部 81.1

大学院進学率のランキング上位には、旧帝大を筆頭とした国公立大学が名を連ねています。

一方、首都圏で存在感のある早稲田大学や慶応義塾大学は、大学院進学率ではそれほど上位に入ってきません。

これには、以下のような理由が考えられます。

・私立大学の理系は学費が高い

・大学へ行くのは研究より就職のため

・大学院で東大などへロンダリングする

どのような人が大学院へ行くべきか?

最後に、どのような人が大学院に行くべきか、私(KEN)の経験から3つのポイントをご紹介します。

成績優秀で院試が免除になった人

1つ目のポイントは、「成績優秀で院試が免除になった人」です。

所属する大学や専攻によって異なりますが、学部の成績が優秀だと、大学院修士課程の入学試験が一部免除になることがあります。

KEN
KEN
私は筆記試験が免除され、面接のみで大学院に進むことができました。
院試免除

学部の入試に比べると院試はハードルが低いですが、それでも一定数落ちる人はいます。

しかし、筆記試験が免除になった人が落ちることは基本的にないと思われます。

そのような人は、せっかくのチャンスと捉えて大学院へ進学すると良いのではないでしょうか。

院試はTOEICが大事
【TOEICが大事!】大学院の進学率や院試の内容についてこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

研究者や博士号を目指している人

2つ目のポイントは、「研究者や博士号を目指している人」です。

研究者を目指す場合、学部の教育では専門性を深めることができず、大学院に進学する必要があります。

また、博士号を目指す場合、以下のような道をたどります。

・博士前期課程を修了(2年・修士学位)

・博士後期課程を修了(3年・博士学位)

合計5年間が標準年限ですが、博士号は学部・修士のように在籍さえしてれば誰でも取れるものではありません。

大学や専攻にもよりますが、査読付き論文を2~3本執筆する必要があります。

査読論文で博士号
【研究業績】大学院で査読論文を執筆して博士号を目指そう!こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

頭脳を鍛えたい人

3つ目のポイントは、「頭脳を鍛えたい人」です。

大学院では、以下のような研究活動に従事します。

・実験やデータ解析

・学術論文の執筆

・論文の学会発表

このような過程で、思考力や論理性が培われ、頭脳を鍛えることができます。

その結果、世間の常識や固定観念に縛られることなく、物事を多角的に捉え、本質を見極める「高い視座」が培われます。

一方、人によっては一般的な会社組織などで周囲と同調し、群れて噂話をするような量産型の人生とは相容れなくなるリスクもあります。

同じ研究室だった友人は、当初博士課程に関心がなく就職しましたが、教授にガンガン鍛えられて査読論文を執筆し、大学院へ戻りました。

このように、「将来の方向性は未定だけど、とりあえず頭脳を鍛えたい」といった方には大学院進学もおすすめです。

KEN
KEN
しっかり勉強することで、女性からの好感度も上がるかもしれませんね。
大学で勉強するメリット・デメリット
【実体験】大学でしっかり勉強するメリット・デメリットこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるよ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、理系学生にとっては馴染みのある「大学院」について、工学部の大学院進学率ランキングや、大学院に行くべきタイプの人についてご紹介してきました。

大学院に進学すると、自由度が高い期間を過ごすことができる一方、堕落するリスクもあります。

そのため、意識して主体的に行動することが求められます。

あなたはどんな大学院生活を送りたいですか?

・その他大勢に流されて、バイトや飲み会に明け暮れる

・将来の目標や自己実現に向けて、様々な挑戦・行動をする

・異性と交流し、研究以外にもいろんな人生経験を積む

KEN
KEN
まとまった時間を投資するからには、それに見合うリターンを自らの手で回収したいものですね!