就活・仕事

【2022卒版】総合商社・大学別就職者数ランキング

総合商社の就職ランキング

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに有益な情報を提供すべく、「就活・仕事」というカテゴリーで様々な記事をご紹介しています。

本記事では大手総合商社5社(伊藤忠商事・住友商事・丸紅・三井物産・三菱商事)の2022年春・大学別就職者数をご紹介します。

本記事でご紹介する就職者数は、総合職・一般職などの区別はされていません。

対象企業および参考資料

本記事でご紹介する企業は、以下の5社です。

①伊藤忠商事

②住友商事

③丸紅

④三井物産

⑤三菱商事

また、本記事でご紹介する就職者数については、「サンデー毎日 2022年09月04日号」の情報を参考としています。

本記事では、就職者数が多い有名大学を一部ご紹介していますが、雑誌内では就職者数が1名の有名大学まで詳しく掲載されています。

KEN
KEN
母校や進学先の就職状況が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

大学別就職者数(総合商社)

はじめに、大手総合商社5社全体の2022年春・大学別就職者数をご紹介します。

総合商社の就職者数

2022年春の大手総合商社への就職者数では、前年同様に慶応義塾大学が圧倒的な実績で首位となりました。

総合商社の就職ランキング
【2021卒最新版】総合商社・大学別就職者数ランキングこんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、就職や企業に関する現実を包み隠さず発信し、学生などに...

そのほか、上位には東京大学や一橋大学など、国内屈指の難関大学が多数ランクインしています。

各社ごとに、詳しく見ていきましょう。

伊藤忠商事

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 19
2 早稲田大学 14
3 東京大学 9
4 京都大学
一橋大学
神戸大学
7

繊維事業を強みとし、商人の街・大阪に源流がある「伊藤忠商事」では、慶応義塾大学が19名就職でトップを飾りました。

そのほか、東京大学や一橋大学など国内最難関クラスの大学が多数ランクインしています。

住友商事

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 22
2 早稲田大学 16
3 東京大学 12
4 京都大学 8
5 大阪大学 7

大阪に源流のある旧財閥系の総合商社で、金属・エネルギー事業などに強みを持つ「住友商事」へは、慶応義塾大学が22名就職で最多となりました。

トップ5は、国立が東京・京都・大阪、私立が早慶となっています。

KEN
KEN
美しいくらいの学歴社会ですね。

丸紅

順位 大学 就職者数
1 早稲田大学 20
2 慶応義塾大学 19
3 東京大学
一橋大学
10
5 京都大学 5

コロナウイルスの流行により、一時は平均年収が260万円ほど下落した「丸紅」では、早稲田大学が20名就職で最多となりました。

他社と比べて学歴重視の風潮はやや弱く、2021卒では青山学院大学などもランクインしていまた。

しかし、2022卒のトップ5は国内トップクラスの大学が名を連ねており、厳しい競争となっています。

三井物産

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 28
2 東京大学 19
3 早稲田大学
上智大学
6
5 東北大学 4

旧財閥系の総合商社「三井物産」への就職は、慶応義塾大学が28名就職で首位となりました。

2022卒では第5位に東北大学がランクインしています。

KEN
KEN
東北大学も、それなりに難しい大学です。

三菱商事

順位 大学 就職者数
1 慶応義塾大学 25
2 東京大学 21
3 早稲田大学 20
4 京都大学 6
5 一橋大学
東京工業大学
大阪大学
5

総合商社の代表格である旧財閥系の「三菱商事」への就職は、慶応義塾大学が25名就職で最多となり、丸紅以外の総合商社で慶応が4冠となりました。

上位は国内最高峰レベルの大学で構成されており、入社難易度は極めて高そうです。

KEN
KEN
三菱商事では、アイドルとの合コンや、夜のお店での接待があります。

総合商社への就職率

単純な就職者数では、慶応義塾大学や早稲田大学といった学生数の多い大学が上位にランクインしていました。

しかし、大学というのはそれぞれ学生数が異なるため、見せかけの数字に騙されてはいけません。

下記は、各大学の全就職者数における、上記5社への就職者数の割合を示しています。

東京大学は、就職者数の情報がないため除外しています。

総合商社の就職率

割合にすると、一橋大学が極めて高い就職率で上位となりました。

これには、就活生の母数が関係しています。

国立大学:1年間での就職者数は1,000~3,000人ほど

私立大学:1年間での就職者数は年に5,000~9,000人ほど

例えば、2022卒の就職者数は早稲田大学が約8000人なのに対して、一橋大学は約860人しかいません。

このように、私立大学の輝かしい就職実績の裏には、大量の就活生がいることを忘れてはいけません。

そのほか、北海道大学や九州大学といった地方都市にある難関国立大学では、以下のような進路を選ぶ学生もいます。

ガス・電力・地銀など地元の優良企業

都道府県庁・市役所などの地方公務員

このように、都会の激しい競争社会で消耗する人生を好まず、地元でのびのびと、適度な余裕をもって過ごすことが幸せな人も世の中には存在します。

そのような地域の大学では、いくら給与水準が高くても、東京や大阪だけでなく、辞令一つで海外駐在もさせられる「総合商社」での働き方に一切興味がない人もいます。

地方旧帝大の学生は勤勉でそれなりに質が高いため、就職者数こそ多くはありませんが、総合商社大手5社への採用実績はあります。

早慶のように学内での競争を突破するか、地方枠からの採用を狙うかは、その人の向き不向きに沿った戦略になるでしょう。

KEN
KEN
どちらの道においても、学歴がないと土俵にすら立てないことは確実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、日系老舗企業の最高峰「総合商社」の2022年春・大学別就職者数を見てきました。

その結果、2022卒の就職戦線では、前年と同様に、慶応義塾大学からの採用が最も多いことがわかりました。

一方、就職率で見ると一橋大学が首位となりました。

総合商社は給料こそ高いですが、所詮は会社勤めになるため「自分の意志ではなく会社に決められた人生」を歩むことになります。

バチェラージャパン4に参加した黄晧氏は元三菱商事ですが、海外駐在が決まったことで婚約破棄になった過去があるみたいです。

アイドルや芸能人と仲良くなれる可能性がある反面、時にはプライベートを犠牲にしてでも、会社に奉仕する覚悟が必要なことを留意しておきましょう。