受験・+More

【異性にモテる?】実体験で語る!高学歴になるメリット

高学歴のメリット

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、受験や進学に関する情報および人生に付加価値を与えるような情報を、「受験・+More」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

本記事では、私と友人が大学・大学院と学歴を積み、その後の人生がどのように変化して今に至るのか、そのメリットを3つの観点から、実体験をベースにご紹介していきたいと思います。

はじめに

はじめに、私(KEN)と友人の経歴を簡単にご紹介します。

【KENの経歴】
北海道大学(学部・修士)
→ITコンサルティングファーム

【友人の経歴】
北海道大学(学部・修士)
→JR総合職
→コンサルタント
→北海道大学(博士)

このように、同じ大学・大学院を経た後は異なる経歴を歩んでいます。

KEN
KEN
友人の経歴は、ちょっと珍しいですね(笑)

社会的なメリット

はじめに、学歴を積むことの社会的なメリットを2点ご紹介します。

周囲から尊敬・信頼される

1つ目は、周囲から尊敬・信頼されることです。

有名大学で学歴を積むためには、厳しい受験勉強に耐え、入試を突破しなければいけません。

参考までに、北海道大学の入試科目を見てみましょう。

一次試験(共通テスト):数学・国語・英語・地歴・理科の5教科7科目

二次試験(筆記):数学・理科・英語の4科目

これだけの科目数を幅広くこなし、合格点に到達するためには、1日8時間前後の受験勉強が必要となってきます。

若い頃にその他大勢が遊んでいる中、努力して勉強を継続した経験は、将来的に世間からの評価を高めてくれることでしょう。

・結婚相手の家族に安心してもらえる。

・銀行から、好条件の利率で融資をしてもらえる。

有名大手企業へ就職しやすい

2つ目は、有名大手企業への就職がしやすいことです。

北海道大学の理系学部で大学院を修了すれば、まず新卒採用の就職活動で困ることはありません。

学生時代の知人らがどのようなところへ就職したか、一部ご紹介します。

・国家公務員(総合職)
・JR各社(総合職)
・NTT東日本
・KDDI
・日立製作所
・トヨタ自動車
・三菱地所

名だたる有名大手企業や中央省庁などが名を連ねており、世間的なエリートコースを歩むことができます。

もちろん、いくら学歴があっても、コミュニケーション能力や人柄に難があると有名企業へ入るのは難しいですが、足切りをされることは基本的にはありません。

KEN
KEN
とある大手企業の採用面接では、友人と一緒にグループ面接を受けて茶番劇を演じたこともあります(笑)

精神的なメリット

次に、学歴を積むことで得られる精神的なメリットを2点ご紹介します。

自己肯定感があがる

1つ目は、自己肯定感があがることです。

「厳しい受験勉強を経て大学に合格する」という一連の過程は、大変ではあるものの、大きな成功体験として自身の思い出に残っています。

その結果、大学入学後や就職してからも、様々な人生の岐路において「まあ、なんとかなるだろう。」という精神的な余裕が生まれます。

これは、目に見えないメリットとして実感しています。

向上心や行動力のある人に出会える

2つ目は、向上心や行動力のある人に出会えることです。

人間はどうしても周囲に影響される性質をもっており、さぼり癖のある人やレベルの低い人と関わると、自然と自身も衰退していきます。

その一方で、向上心や行動力ある人と関わることができれば、良い影響を受けて人生を充実させていくことができます。

私は、冒頭で紹介した友人から様々な刺激・影響を受け、以下のような経験値を積むことができました。

・学部時代に優れた学業成績を修め、無試験で修士課程へ入学

・就職活動市場で、新卒の平均年収よりも高い金額を稼ぐ

・学生のうちにANAの最上級会員(ダイヤモンド会員)に到達

・同じく学生のうちに、ANAスーパーフライヤーズゴールドカードを取得

・同じく学生のうちに、JALの上級会員(サファイア会員)に到達し、JGCを取得

・大学院修了の記念旅行で、東京-NYでビジネスクラスに搭乗

・記念旅行の一年後に、東京-NYで新ビジネスクラス「THE Room」に搭乗

・本ブログの黒字化を達成

KEN
KEN
このような経験値を積むことができたのは、自身もそれなりに学歴を積んだことで、努力する友人に出会えたおかげだと思います。

心身的なメリット

最後に、学歴を積むことで得られる心身的なメリットを1点ご紹介します。

異性からモテる

心身的なメリットは、ずばり異性からモテることです。

学歴を積む過程では、論理的に物事を捉え・思考する力が培われます。

このような能力は、日常生活においてきちんと会話し、建設的に話し合うことができることにつながり、異性と恋愛するうえでも重要な要素になります。

私や友人は、北大時代に上記の能力を培った結果、相手に「しっかりしている」「ちゃんと会話ができる」と感じてもらうことで、モテることにも大いに役立っているように思います。

参考までに、私や友人の主な異性とのエピソードをご紹介します。

・10歳ほど年上の人妻と真夜中に秘密の電話

・15歳ほど年上の女性と寝る前に秘密の電話

・マレーシア在住の若い現地女性と映画や水族館デート

・2ヶ月に4人の女性たちと水族館デート

・札幌・東京・京都・大阪・福岡など全国各地で女性とデート

・愛と哀しみの鎌倉フライト

・シルバークリスラウンジ(チャンギ国際空港)で元カノが号泣

・国際線の機内で同年代の客室乗務員と連絡先を交換

・顔なじみになったとある空港職員と連絡先を交換

・インターンシップ参加者の女性と交際

・院試前に秘密の友達とお泊まりデート

まるで、サザンオールスターズの名曲「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」を彷彿とさせるようなエピソードが並んでいますね。

KEN
KEN
難関大学の門戸を突破して、心も身体もしっぽりと癒しましょう(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、社会的・精神的・心身的という3つの観点から、私と友人が実際に感じた「学歴を積むメリット」をご紹介してきました。

北大時代に出会った友人や恩師には、本記事でご紹介したメリットをフル活用して、人生を楽しんでいる人がたくさんいました。

私はこれからも、広い世界に待ち受けている新たな出会いや刺激に心を躍らせながら、不確実な時代の荒波を楽しんでいきたいと思います。

KEN
KEN
泣いても笑っても、この人生は一度きりですよ!