旅行・出張

【モニター完備】ANAボーイング78G・プレミアムクラス

78Gのプレミアムクラス

こんにちは!

KEN(@nomilenolife)です。

本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービスに関する情報などを、「旅行・出張」というカテゴリーの記事でご紹介しています。

2021年12月、ANAは「ボーイング787-9(国内線仕様機)」に、初の全席モニター完備の機材(78G)を導入しました。

2021年12月現在、運航が見合わせとなっているボーイング777-200にも、モニター完備の仕様機が存在します。

ANAのボーイング722
【モニター完備】新仕様!ボーイング777-200搭乗記こんにちは! KEN(@nomilenolife)です。 本ブログでは、鉄道・航空などの公共交通や、移動が快適になるサービス...

本記事では、78Gのプレミアムクラスの搭乗体験についてご紹介します。

ボーイング787-9とは?

ボーイング787(愛称:ドリームライナー)は、ボーイング社の767・777シリーズの一部を代替えする、次世代の長距離用中型ワイドボディ機です。

日本の航空会社である全日本空輸が世界で初めて発注し、2011年9月に1号機を受領しました。

ボーイング787は燃費に優れており、従来の大型機に比べて高いハイテク性・利便性を誇る機種です。

ジェットエンジンに関しては、ロールス・ロイス製もしくはゼネラル・エレクトリック製を使用しています。

KEN
KEN
全席モニター完備の機材(78G)は、後者のジェットエンジンを採用しています。

従来の787-9(789)と比べて、78Gは座席総数が少ないのに対し、プレミアムクラスが多くなっています。

2022年1月現在の主な運航路線は、以下の通りです。

東京-大阪

東京-札幌

東京-沖縄

KEN
KEN
いずれ、主要幹線以外でも運航が増えていきそうですね。

ボーイング787-9(78G)プレミアムクラス

それでは早速、全席モニター完備の「ボーイング787-9(78G)」のプレミアムクラスについて見ていきましょう!

今回私は、ダイヤモンド・プラチナといった上級会員の巣窟である「羽田-伊丹」で、プレミアムクラスに搭乗しました。

プレミアムクラスや機内の雰囲気は、従来の青と白を基調とした配色ではなく、茶や黒を基調とした配色で落ち着いた感じでした。

78Gプレミアムクラスの座席

写真のように、プレミアムクラスには「仕切り」があり、隣の人の動作や雑音が気にならない設計となっています。

足元もかなり広く、成人男性が足を伸ばしても余裕のある空間となっています。

また、プレミアムクラスは機体前方に28席あり、「15.6インチ」の巨大なモニターが装備されています。

78Gプレミアムクラスのモニター

このモニターで、音楽や映画などエンターテインメントを楽しむことができます。

エコノミークラスのモニターは、13.3インチです。

また、シートポケットには、以下のようなものが設置されています。

USBポート

ユニバーサルデザインのコンセント

モニター画面用のリモコン

リクライニングや読書灯

78Gプレミアムクラスのリモコン

リモコンは、上半分がタッチパネルになっていて、モニター内に出てくるカーソルを操作すると、コンテンツを選択できます。

さらに、プレミアムクラスでは食事のサービスがあり、この日は昼食をいただきました。

78Gプレミアムクラスの食事
KEN
KEN
羽田-伊丹線はフライト時間が短いので、食事後すぐに降下が始まりました。

78Gの予約・購入方法

どの路線・時間帯の便が、全席モニター完備のボーイング787-9(78G)であるかは、公式サイトの予約・購入画面から調べることができます。

以下の写真を例に見ていきましょう。

78Gの予約方法

こちらは、2022年1月1日の東京-福岡便の普通席の予約・購入画面です。

フライト時刻の下に便名が書いてあり、その下に「738」「78P」などの数字があります。

これが使用予定の機種を表しており、全席モニター完備のボーイング787-9は「78G」という表記のものになります。

KEN
KEN
この写真だと、7:25発が該当します。

プレミアムクラスの予約・購入画面でも、同様の方法で確認できます。

使用機材は、天候不良や機材整備などの都合で変更されることがあります。

ANAの経営戦略

最後に、コロナウイルスの流行で経営が苦しいANAが、このような全席モニター完備の機材を導入する背景について考察します。

さきほども軽くご紹介しましたが、従来の787-9と比べて、プレミアムクラスが10席増加(18席→28席)しています。

つまり、裏を返せば普通席は減少し、1機材あたりの座席総数は減っています。

この事実から、ANAが選択と集中の経営戦略を重視していることがわかります。

KEN
KEN
単価の高い座席を増やすことで、合理的な経営をしたいのでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、ANAの全席モニター完備機材「ボーイング787-9(78G)」の、プレミアムクラス搭乗記をお届けしてきました。

実際に乗ってみたところ、従来に比べて機内のサービス品質が向上し、快適な空間へと変わったように思います。

KEN
KEN
数年前まではWi-Fiすらなかった空間が、激変しました。

これからも、国内外を問わず快適な空の旅がいつまでも維持・発展していくことを祈っています。